コロナ禍で、先行き不安な社会情勢。それは私たちの結婚観にも確かに影響を与えた。

孤独や不安感から「結婚したい!」という気持ちが増す女たちと、「もっと安定してからじゃないと...」と慎重になりがちな男たち。

明らかにこれまでとは様子が変わった、婚活市場。令和の東京におけるリアルな婚活事情を、ご覧あれ。

◆これまでのあらすじ

マッチングアプリで出会った田中との食事で、低評価・低価格の店を指定された挙句、遠回しにNGをもらってしまった日奈子。なかなか上手くいかない婚活に、光は差すのかー。

▶前回:平日夜20時45分に、男から初デートの誘い。呼び出された場所を見て、女が凍り付いた理由



彼氏と別れてから、本格的に始めた婚活。

前回の田中との食事で相手から一方的にNGをもらったことを、私は未だに引きずっていた。

ーどうして...?何がダメだったの?

プロフィール写真は盛り過ぎないように気をつけていたし、実際に会った時、田中は私を綺麗だと褒めてくれた。

初対面の人との会話を弾ませることだって、昔から得意な方だ。

"次も会いたい"と思われないことは、"あなたは魅力がない女性"だと言われている気分になる。

理由のわからないNG案件。これは...“婚活あるある”なのだろうか?

ちょっと前までは、私が男性を選ぶ方だった。

どんな仕事をしていて、何を考えて生きているか。野心はあるのか、女性には優しいか。

家庭環境や育ちに関してはあれこれ言うつもりはないが、やっぱり自分と似たような生活環境で暮らしてきた人とは、話が合う。

そして、この人に抱かれたいと思うか否か。

相手から得た情報をもとに、この人はアリ、ナシ…とジャッジしてきた。それが許される立場に、私はもういないのだろうか...

気分が浮かないままPCの電源を落とし、帰る支度をしていると、スマホが新着メッセージを受信した。

『美緒:今日、暇してない?報告したいことがありまして♡』


親友が日奈子にもたらしてくれた、奇跡のような男との出会いとは…

文末のハートマークで、なんの報告なのかは大方予想できた。

カジュアルに軽く飲もうと美緒から指定されたのは、銀座に最近できたというホテルのルーフトップバーだった。

最上階の17階でエレベーターを降り、ネオンが照らす回廊を抜けると、ポップな雰囲気のルーフトップエリアが現れた。



先にスパークリングを飲んでいた美緒に、声をかける。

「お待たせ」

「日奈子!待ってたよ〜」

美緒がくるっと振り返ると、ロングヘアからグリーンローズのいい香りがした。

「それから、おめでと!彼氏できたんでしょ」

「あ、やっぱりわかる?」

相手は、スマホゲーム会社を経営しているらしい。

「この前久しぶりに会って話したら、プログラミングもできるってのがわかって。今の時代に外注に頼らず、アイディアをそのまま形にできるのは強いなって思ってさ」

美緒が、優しくも強い眼差しで語る。

「そんなこと、今までは深く考えてもいなかったんだけどね...」

この子は、結婚願望などないと思っていた。だけど何を言わなくてもわかる。今は、結婚をしっかりと視野に入れていることが。

「向こうは、最初から美緒のこと気に入ってたんだよね?」

「うん、そうだと思うけど...どうして?」

私は美緒に、先日のことを相談するか悩んだ。低単価・低評価の店を指定された挙句、遠回しに興味がないことを伝えられた悲しい事実を。

彼氏を作ろうと思えば、すぐにできる美緒と自分を、どうしても比べてしまうのだ。

「…ううん。なんでもない。でも、いいなぁ〜!私も早くいい人と出会いたいよ」

しかしここは、友達のことを素直に羨ましがるのが正。そしてその選択は、間違っていなかった。

「前回の外銀君も微妙だったんだ?じゃあさ、今度彼の友達呼んでもらって、食事しようよ。独身のいい男いるって言ってたから」

「それは、ぜひお願いしたい...!」

つい大きい声が出てしまう。私は、バカみたいに自分に正直だ。

「私さ、もし結婚しても、こうやって日奈子と飲んでいたいな〜」

美緒がそう言って微笑んだ。

私たち女は、ライフステージが変わることで簡単に疎遠になる。女の友情が、ハムより薄っぺらいことの証明だ。

でも、美緒とはそうはなりたくない。その気持ちがお互いに同じだったことに、胸の奥が温かくなった。

少なくとも、私の変なプライドでこの友情を失ってしまうことは、一番避けたかった。だからわざと冗談めかして彼女をつつく。

「うん、私も。でもさ、結婚は私の方が先かもよ?」

私たちは寒さも忘れ、ルーフトップバーでケラケラと笑いながら何度も乾杯した。


美緒の彼氏が連れてきた、ハイスペック中国男子に心を奪われる日奈子…

そして、11月前半のある週末。

「どうも、はじめまして。シアです。漢字だと、仔猫の仔に、大空の空。中国人です。よろしくね」

美緒は口だけじゃなく、ちゃんと紹介の場をセッティングしてくれた。

さすがと言わざるを得ないお店のセレクトに、遅すぎることのない開始時間。

女性としてきちんとエスコートしてもらえる心地よさを、私は久しぶりに感じていた。

でも、そんなことよりハートに刺さったのは、美緒の彼氏が連れてきたシアという中国男子だ。

183cmの長身に、スーツの似合う鍛えられた身体。物腰の柔らかい話し方。それでいて、時折ピシャリと鋭く意見する清々しさ。

言いたかったことを代弁してくれるような気持ちの良い物言いに、私は心を奪われた。

しかし、いざそれが自分に向けられると、すぐに気の利いた回答が出来ない。

「二人とも、会社員なの?モデルかと思ったよ。ちょっと頑張れば、インスタグラマーにでもなれそうだよね。やったらいいのに」

ーえっと...

私がすぐに答えずにいると、美緒が口を開いた。

「私は、実家が農業してて、そっちのアカウントは力入れてますよ。まだフォロワーは少ないですが」

「へ〜、そうなんだ!いいね。日奈子さんは?」

「私は...非公開のアカウントで、投稿内容も一貫性はないんですよ。自己満足というか、情報収集的な使い方をしているので」

「うんうん。そういう使い方も全然アリ!でも、これから男女共に副業ガンガンやっていくのが当たり前になっていくと思うんだよね。Instagramは一例だけど、本業のほかに武器があると強いから」

「そうですよね、あはは」

要するに、普通の会社員の女性はつまらないし、対象外だということなのだろうか。

シアは、中国で飲食店を何十店舗も経営する傍ら、日本では、趣味であるアパレルの輸入の仕事をしているらしい。

大学生の頃から東京に住んでいるため、日本語は堪能。英語もペラペラだという。

ー相手にされるわけない...

私の中に芽生えたシアへの微かなトキメキは、泡のように消えていった。

「シアはそういうの詳しいもんな!ちなみにどんな女性がタイプだったりすんの?」

美緒の彼氏が空気を読み、話題を変えてくれた。

「タイプか...そうだな、素直で嘘がつけない子かな」

シアとばっちり目が合う。そして、次の言葉に私は耳を疑った。



「日奈子ちゃんみたいな」

「え!?」

驚いて目を見開く。

シアは、私なんかタイプではないと思っていた。彼の周りには綺麗な子がたくさんいることは、見ればわかる。それこそ、タレントやモデル、インスタグラマーたちが放っておかないだろう。

中身だって、意識が高い人が多そうだ。そう、例えば朝から走ったり、ヨガをしたりするような。

「私、ですか?」

「うん。なんでそんな顔するの。面白いからもっと見ちゃおうっと」

端正な顔に見つめられると、動けなくなる。

私もそれなりに恋愛経験はある。なのに、まるで男性を知らない少女のように頬を赤らめてしまった。

「いい展開じゃん〜。じゃあグループLINEで繋げるから、今度二人で飲み行って来いよ」

美緒の彼氏がアシストするが、シアはあえてかわした。

「いや。今、直接交換するほうが早いっしょ。日奈子ちゃん、いい?」

「はい!もちろんです」

こんなにかっこよくて、仕事のできる人に気に入られるなんて...やっぱり今までの婚活は、ただのハズレくじだったのだろう。

お酒も食事もさらに美味しく感じ、楽しい時間はあっという間に過ぎていった。

「そろそろ、出よっか。タクシー呼ぶわ」

シアがいつの間にか会計を済ませ、皆ほろ酔いで笑顔だ。

だからこそ、私は見逃せなかった。美緒だけが、ひとり浮かない顔をしていることを。

彼女が私の婚活を応援してくれているのは知っている。だって、こうして出会いを提供してくれているのだから。

でも、その表情から想像してしまうのは“つり合っていないよ”という心の声だった。


▶前回:平日夜20時45分に、男から初デートの誘い。呼び出された場所を見て、女が凍り付いた理由

▶Next:12月5日 土曜更新予定
シアとデートすることになった日奈子だが…