13歳で俳優デビュー。即、華々しく活躍!とはならなかった。

俳優の父を持つが、自分からはそのことに敢えて触れず、あくまで自分のペースでコツコツと、キャリアを積み上げてきた。

そして、15年目となる2020年。ドラマでも映画でも主演を務めるエポックな年となった。

俳優・仲野太賀。

彼を神楽坂のイタリアン『H-acca‒(アッカ)』にお誘いして、転機となった2020年を振り返ってもらったら、長い下積み期間を経た彼ならではのエピソードを聞くことができた!

▶前半はこちら:「人生のカツサンド史上、最高です!」人気俳優にそう言わせた、“記憶に残る”イタリアン



これまで自分がやってきたことを、肯定できるようになって自信に繋がった


ドラマ『あのコの夢を見たんです。』と、映画『泣く子はいねぇが』で主演を務めたのに加え、ドラマ『今日から俺は!!』『この恋あたためますか』などでも、見る者の印象に強く残る役を演じた2020年。

13歳でデビューし、すでに15年のキャリアを持つ仲野さんに「去年ブレイクした」という形容詞は、もしかしたら失礼にあたるのかもしれない。

しかし幅広い世代にあまねく、その名と顔が知れ渡ったのは確かだろう。

「いろんなことが重なったんですよ。コロナの影響で現場が止まってしまって、ドラマの放送時期も、映画の公開時期も、当初の予定からずれてしまいました。

その結果、作品を観ていただける時期が重なって、一気に露出したように見えているのかもしれません。

でも、そうした状況はある種の巡り合わせだし、こうなった以上はいい結果につながるといいなあとは思っています」

これまで以上に注目を集めていることは、きっと仲野さん自身も肌で感じているはず。

「努力をしても、実を結ばなかった時期も結構ありました。でも、ここ2〜3年でようやく、駆け出しの頃から知っている方と、思うような仕事ができる環境ができたのかな。

今まで自分がやってきたこと、選んできた道は間違っていなかった、と自己肯定できるようになりました。そういうターンに入ったんだな、と思っています」

きっぱりと語る表情は、とても清々しい。

周りが売れていくことに焦りを感じる時期もあったが、耐えた。同世代の俳優仲間と仕事をできることが、今はとてもうれしいという。


現場で同世代の仲間に会った時に、思うこととは?

「昔から知っている同世代の仲間と現場で会うと、お互い頑張ってる!とうれしくなるんです」


「役者として思うような活躍ができず、結果的に違う道に進んだ人もたくさんいたんです。

だから、10代から知っている顔ぶれが活躍しているのを見ると刺激になるし、共演できると〝また会えたね!〞〝俺たち、まだ頑張れているな!〞って、すごく仲間意識が湧くんです」

今年、ドラマで共演した中村倫也さんや橋本 愛さんもそんなメンバーだそう。

「中村さんは、お互い何者でもなかったときから知っていますが、久々にがっつりと芝居ができて、感慨深い気持ちになりました。橋本さんも十代の頃から知っていて、成長した姿を見せたい!と気合が入りました」



日本中、いや、世界中の誰もがきっとそうだったように、仲野さんもまた、これまでにない感情を抱く日々を過ごした。

「2020年は、前半と後半が本当に両極端で。春から夏にかけては、完全に止まった時間の中にいました。

それまで当たり前だった〝現場で芝居をやる〞ことができず、映画や演劇という自分が愛して携わってきたエンターテインメントが危機に瀕したことで、仕事との向き合い方を考えさせられました」


「そろそろ、楽しみながら仕事に取り組んでもいいのかな、って」


もしも自由な時間が取れたなら、やってみたいことは何だろう。

「サウナが好きなんですが、最近はどこも人気で混んでいるからちょっと足が遠のいているかな。

今、時間があったら一番行きたいのは、温泉ですね!ひたすらのんびり、ゆるゆるしたい。美味しい料理を食べて、お湯に浸かって、ぐっすり寝て……幸せですよねえ」

では仲野さん、待機作が続々と公開され、ますます注目が集まること確実な2021年の目標は?

「自分の気持ちに、より正直に向き合っていきたいと思います。まだまだ閉塞感がある日々だけれど、ストレスを溜めずに一日一日を過ごせたら。

これまでは目標を達成するために無理をすることも多かったですが、そろそろ楽しみながら仕事に取り組んでもいいのかなあ、って」

その心境の変化はきっと、自信と余裕が芽生えたからこそ。

特別な2020年を乗り越えた16年目の仲野さんは、ますます多彩な表情を見せてくれることだろう。


▶前半はこちら:「人生のカツサンド史上、最高です!」人気俳優にそう言わせた、“記憶に残る”イタリアン

■プロフィール
仲野太賀 1993年東京都生まれ。2006年のデビュー以降、話題作に多数出演。2020年秋には『泣く子はいねぇが』で映画初主演を果たす、2021年は『あの頃。』『すばらしき世界』が相次いで公開予定。

■衣装
コート 100,000円、パンツ 39,800円、マフラー 19,800円、靴 82,000円〈すべてフィグベル/プロッド TEL:03-6427-8345〉、ニット 28,000円〈アラン ペイン/真下商事 TEL:03-6412-7081〉