恵比寿は、芸能人の出没率も高い。

そこで、人気芸能人たちが愛する恵比寿の名店をこっそり教えてもらった!

日替わりで一人1店舗ずつ紹介しているこちらの連載。

本日は、俳優として存在感を放つ傍ら、ミュージシャンとしても活躍中の金子ノブアキさんが愛する一軒をご紹介しよう!

▶前回:千原ジュニアが東京で惚れ込む1軒!肩肘張らずに楽しめる、陽気なイタリアン



『お好み焼き いまり 恵比寿店』/鉄板焼き


ミュージシャンでもある金子さんにとって、お気に入りのライブハウスがある恵比寿で、最近ハマる店がここ。

実家がお好み焼き屋という尼崎出身のオーナーが、本場そのままの味を追求し、ソースもオリジナルで作っている。

金子さんはデリバリーで楽しんでいるが、注文は2週間に1度の頻度とゾッコン。

「とにかく美味」と必ず食べる一品が「柚子胡椒のそばめし」。焼酎を合わせるのがいつものスタイルだそう。

「しつこくオーダーを重ねた結果、スタッフさん用のTシャツを頂き、愛用しています」とお店への溺愛ぶりもうかがえる。

全メニューテイクアウトできるのも評判の一軒だ!



「昔ながらの大阪モダン焼き」1,100円。パリッと焼いた蒸し麺がアクセント。鉄板から立ち上るソースの焼ける匂いに悶絶。



「あごすじと下足の塩焼き」950円。大きなゲソと牛のあご周りの稀少なスジをつかった名物。ブリブリのゲソ、トロトロ牛スジが相性抜群。



暗めの照明で居心地抜群。和モダンな店内に光る鉄板が、気分を上げる。




金子さんにとって恵比寿ってなんですか?


“衣、食、住、さまざまなカルチャーが前進する”

素晴らしい瞬間を体験したライブハウス「リキッドルーム」があり、服を買いに来ることも。独特のカルチャーを感じますね。


■プロフィール
金子ノブアキ 東京都出身。映画やドラマに多数出演し、際立った存在感で魅了。2019年にバンドRED ORCAも始動。アートや舞台、映画などの音楽制作も行い、ジャンルの壁を超えて活躍中。


▶︎Next:3月5日配信予定
加治ひとみさんの、恵比寿で愛する店