クリストファー・ノーラン監督の映画『TENET テネット』の公開直前イベントに、ノーラン監督の大ファンであるメイプル超合金のカズレーザーさんと、俳優の磯村勇斗さんが出席しました。

この映画は、第三次世界大戦から人類を救うため、時間を逆行して無謀なミッションに挑むサスペンスアクションです。

2人にこの映画を見た感想を伺うと、磯村さんは「自分大丈夫かなと思ってしまうくらい、脳の処理が追い付かなかったですね」とコメント。

カズレーザーさんは、「『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と『ターミネーター2』を混ぜて、そこに『カメラを止めるな!』ブチかけたような、全部のいいとこ取り。こんな成立するの!?」と、映画の感想を熱く語っていました。

映画『TENET テネット』は、全国で公開中です。