アンミカがMCをつとめるTOKYO MX(地上波9ch)のバラエティ生番組「日曜はカラフル!!!」(毎週日曜11:30〜)。8月30日(日)放送の「カラフル!!TOPICS」のコーナーでは、傷んだ野菜をフレッシュにする方法や野菜の目利き術を紹介しました。

◆野菜ブームが定着も、今年は価格が高騰中

実は、ここ数年で野菜を取り巻く環境には大きな変化が。というのも、2015年頃から都内を中心にサラダ専門店が続々オープンし、それ以来、野菜ブームが定着。外食はもちろん、自宅でも手軽に美味しい野菜が食べられる環境になりました。

しかし、今年は長雨からの猛暑で野菜の価格が爆上がり中。特に葉もの野菜が高騰し、例えばレタスは例年の2.4倍に。そうなると、野菜を買うにもためらいがち。価格が安いときにまとめ買いをしても、一度で使い切るのが難しく野菜の鮮度を落としてしまうことも……。

そこで、野菜料理研究家の伊賀るり子先生に「傷んだ野菜をフレッシュにする方法」を聞いてみました!

◆野菜の鮮度を取り戻す「50度洗い」

傷んだ野菜をフレッシュにする、その方法は「50度洗い」。これは沸騰させたお湯と常温の水を半分ずつ混ぜ、水温を50度ぐらいに調整して野菜を洗う方法です。

レタスやほうれん草など葉もの野菜は20秒程度、アスパラガスやブロッコリーなど茎が太い野菜は2〜3分程度洗います。そして、しっかりと水気を拭き取り、調理まで時間がある場合は冷蔵庫で保管してください。

なぜ50度のお湯がいいのか……その理由は、50度のお湯で洗うと閉じていた気孔が開き、水分を吸収することで鮮度を取り戻すそう。これを聞いたアンミカは「水で冷たくし、引き締めてシャキッとさせるとか、沸騰したお湯で消毒するイメージがあったので、50度のお湯は目から鱗!」と感心しきり。

◆知っているとお得! 新鮮な野菜の選び方

次に、話題は野菜を買うときに気を付けることに。さすが野菜ソムリエでもあるアンミカ、選び方のポイントはたくさん知っているようで、今回はタマネギの選び方を紹介。ポイントは「黒い斑点が付いていないもの」、「後ろを押して凹んでいないもの」、「お尻に芽が伸びていないもの」の3つで、これさえ守れば間違いなく長持ちするそう。

また、「All About(オールアバウト)」野菜ガイドの江戸野陽子さんにも「夏野菜の目利きテクニック」を伺ってみました。

まず、トマトはお尻に白い筋が星状になった「スターマーク」があるものが、味がいいとされているそう。これはハリがある証拠で、トマトの皮が張ると中の様子が白い筋として見えるとか。

続いて、ナスはヘタの真下にある皮が白いものが新鮮です。ナスは夜に果実が成長し、日光が当たると皮が紫に色付きます。そのため、日光に当たる前の早朝に集荷したナスは夜に育った部分が白いままなので、それが新鮮な証。

最後、ピーマンはヘタがくぼんでいるものが新鮮。くぼんでいるものは種がしっかりしており、皮が瑞々しく育った証拠だそうです。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>番組名:日曜はカラフル!!!放送日時:毎週日曜 11:30〜12:55 「エムキャス」でも同時配信出演者:アンミカ、クリス松村、有村昆番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/colorful/番組Twitter:https://twitter.com/sunday_colorfu