舞台俳優の味方良介さんが主演で、元乃木坂46の井上小百合さんが出演する朗読演劇『銀ちゃんが逝く』が7月10日、初日を迎えました。

朗読 蒲田行進曲完結編『銀ちゃんが逝く』は、新撰組を題材にした、演出家・つかこうへいさんの代表作で、没後10年にあたる今年、追悼イベントが開催されました。

味方さんは壇上で挨拶し、「正直戸惑いというか、朗読劇をやるっていうのは無理だって思っていました。朗読の部分もちゃんと活かしながら、その部分もちゃんと背負って作れた、本当に新しい形の演劇だと思う」と思いを語りました。

そして味方さんは「舞台に立って生のお客さんと会いながらできる新しいツールができたんじゃないかな」と目を輝かせていました。