アンミカがMCをつとめるTOKYO MX(地上波9ch)のバラエティ生番組「日曜はカラフル!!」(毎週日曜11:30〜)。1月12日(日)放送の「カラフル!!TOPICS」のコーナーでは、人気を博している「発酵ぬかどこ」を取り上げました。

ぬか漬けを作る上で大変なのが、ぬか床をかき混ぜる作業。「手が汚れる」「独特なあのニオイが手に残るのが嫌」という人も少なくないのでは?

一般的なぬか床は、保存用のふた付き容器や最初の発酵を促すための捨て漬け野菜の用意、米ぬか、水、塩、昆布、殺菌用の唐辛子などを混ぜるなど、ぬか漬けを楽しむまでに時間と手間がかかります。

そんななか、ぬか床をかき混ぜる煩わしさとは無縁で、誰でも簡単にぬか漬けが作れると話題となっているのが、無印良品の「発酵ぬかどこ」(税込890円)。

「無印良品 銀座」スタッフの本間さんによると、「抗菌性の高いぬか床を使用しているので、すでに発酵しています。ですので、手間なくぬか床を楽しんでいただけます」と説明。「発酵ぬかどこ」は、商品の袋のなかに野菜を入れ、冷蔵庫に入れておくだけ。ほとんどの野菜が、12〜24時間もあれば美味しいぬか漬けができあがるという優れもの。

面倒なお手入れも、水分が出てきたら拭き取り、1週間に一度かき混ぜるだけと、一般的なぬか床に比べて簡単なのも人気の一因となっているようです。

そこで今回、「発酵ぬかどこ」を購入したお客さんに話を聞いてみました。

◆「発酵ぬかどこ」が人気の理由

「ぬか漬け自体に興味があったので、やりたいなと思っていたんです。最初から発酵してあるので、漬けるだけなのがすごく手軽で始めやすい。腸活に良いので、試してみようと思いました」

「初めて購入しました。11月も12月も売り切れで、ようやく念願が叶った(笑)。自分でぬか漬けを作っていたんだけど、『味がイマイチだ』って旦那が口うるさいから、美味しいぬか漬けを食べさせてあげたいと思って」

ちなみに、「発酵ぬかどこ」は2018年の発売以来、常に品薄状態の人気商品で「無印良品 銀座」では月に900個も売れるのだとか。

また、最近では漬ける食材が野菜だけでなくバラエティーに富んでおり、チーズやバナナ、ゆで卵などを漬けて楽しむ人もいるそう。本間さんに、ぬか漬けにおすすめの食材を聞いてみたところ、「大根や人参など、水分の多い野菜がおすすめです。あと意外なものだとアボカドはすごく美味しいですよ」と教えてくれました。

◆変わり種ぬか漬けの味わいは?

スタジオでは、チーズ、バナナ、ゆで卵を「発酵ぬかどこ」で漬けた変わり種のぬか漬けを試食。

チーズのぬか漬けを口にしたゲストの木本武宏さん(TKO)は、「香りがいい! 美味しい!」と絶賛。同じくゲストの土屋炎伽さんも「チーズの美味しさがより際立っていて、クセもなくて食べやすい」とご満悦の様子。

ゆで卵のぬか漬けを食したレギュラーメンバーのクリス松村は、「合う、合う! 味がついていて美味しい!」と相性にビックリ。木本さんは「中までしっかり味が入っていてめちゃめちゃ美味しい!」と声を上げます。

バナナのぬか漬けを食べたゲストの伊藤かりんさんは「バナナの甘みが際立って美味しい!」とフルーツとぬか漬けという意外な組み合わせに驚きの表情。ゲストの山之内すずさんも「素材そのものの味が際立っていて、どれも美味しい」と太鼓判を押していました。

※この番組の記事一覧を見る<番組概要>番組名:日曜はカラフル!!放送日時:毎週日曜 11:30〜12:55 「エムキャス」でも同時配信MC:アンミカカラフルズ:クリス松村、有村昆 ほかリポーター:徳光正行番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/colorful/番組Twitter:https://twitter.com/sunday_colorful