女優の松本穂香さんが主演する映画『君が世界の始まり』の完成披露イベントが行われました。

松本さんは挨拶で、「全員が全員主役の、こんなにしっかりと一人一人が濃く描かれている映画は、ほんとに他には無いんじゃないかなって強く思います」と話しました。

映画は、中年男性の殺人事件が発生した大阪の町でくすぶる高校生たち6人の青春を描いた物語。

高校時代、演劇部だった松本さん。どんな役を演じていたか伺うと…

「いろんな役やりましたよ」と言って、意外な役を明かしました。

「いろんな所で言ってるのは、『冷凍マグロ』の役はほんとにもう100回ぐらい、こういう場で言わせてもらってます。(他は)ベルを鳴らすと時が止まるとか」と笑顔で告白しました。

映画『君が世界の始まり』は、7月31日(金)より全国公開予定です。