暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月―金曜、朝7:15〜)。
今回は2015年度から展開している企業の感染症対策を支援する取り組みる「職場で始める! 感染症対応力向上プロジェクト」についてや、SNS利用による様々な被害から青少年を守るため都が行う「SNSトラブル防止動画コンテスト」を紹介しました。

◆「職場で始める! 感染症対応力向上プロジェクト」

「職場で始める! 感染症対応力向上プロジェクト」の、ウェブによる企業向け説明会が開催されます。

「職場で始める! 感染症対応力向上プロジェクト」は、東京都と、東京商工会議所、東京都医師会が連携して、企業の感染症対策を支援するために、2015年度から展開している取り組みです。

参加企業は、「感染症理解のための従業者研修」「感染症BCP(業務継続計画)の作成」「風しん予防対策の推進」の3つのコースから、職場に適した対応策を選び、それぞれのコースに応じた支援ツールによるアシストが受けられます。

参加対象は、都内にある会社、法人、個人です。説明会はウェブ配信形式で行い、あわせて、感染症などの専門家による講演動画を5回、配信します。

視聴は無料で、第1回は、すでに配信しています。説明会の視聴およびプロジェクトへの参加は、東京商工会議所ビジネス交流部の事務局に申し込ください。

詳しくは、東京商工会議所のウェブサイトをご覧ください。

関連リンクhttps://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/07/29/15.htmlhttps://www.tokyo-cci.or.jp/kenkokeiei-club/12/

◆「SNSトラブル防止動画コンテスト」

東京都は、SNS利用による様々な被害から青少年を守るため、「SNSトラブル防止動画コンテスト」を開催します。

近年、SNS利用によるトラブルや、SNSの相手方に要求されて自分の写真を送信してしまう自画撮り被害など、スマホやSNSを利用していて被害に巻き込まれる相談が急増しています。

先日、都民安全推進本部が運営するネット・スマホのトラブル相談窓口「こたエール」に、中学生の児童を持つ保護者から、SNS上で知り合った人に、子どもが裸の画像を送っていたという相談がありました。

18歳未満の児童の性的な写真は児童ポルノにあたり、これを製造したり、みだりに所持、提供することは法律違反になります。もしも、お子さんがSNS上で知り合った人にこのような要求をされた場合は、写真を送る前に、ためらうことなく、警察や「こたエール」へご相談ください。

また、皆さんは、一部のSNSに、利用規約上、年齢制限があることをご存じでしょうか。

実は、フェイスブックやインスタグラムなどは、13歳以上でないと、利用規約上、利用できないことになっています。今回、行った調査において、4割以上の保護者が、規約上の年齢制限について知らなかったと答えました。

このような状況を踏まえ、SNS利用による様々な被害から青少年を守るためには、青少年自身はもちろんのこと、保護者の皆さんもSNSのトラブルから身を守るための必要な知識を身につけてもらう必要があると考えます。

このたび、啓発のひとつとして、都民安全推進本部では、青少年などの若者がSNSのトラブルなどに関する動画などのコンテンツを制作することで、必要な知識の習得や意識啓発を図ることのきっかけとしてもらうため、動画コンテストを開催しています。

今回で2回目となるこのコンテスト。昨年は、195作品の応募をいただき、動画部門で7作品、静止画部門で3作品を表彰いたしました。

今回の応募テーマは、「SNSを使うときに気を付けたいこと」です。皆さんからのご応募をお待ちしています。

関連リンクhttps://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/06/23/06.htmlhttps://www.snsdouga.metro.tokyo.lg.jp/◆「新型コロナ デイリーアドバイス」

東京都は、新型コロナウイルスの事業者向け東京都感染拡大防止ガイドライン動画を作成・公開しています。

事業別のガイドラインでは、劇場や音楽堂などに向けた対応の紹介もあります。

この動画は、東京都公式動画チャンネル「東京動画」で視聴できます。

関連リンクhttps://tokyodouga.jp/8rqmr2sdv4c.html<番組概要>番組名:東京インフォメーション放送日時:毎週月―金曜 7:15〜7:20キャスター:久保井朝美、平川彩佳番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/tokyoinfo/