今みるべきこの1冊! 中瀬ゆかりが本気で推す“西郷隆盛論”の決定版とは?

TOKYO MXの情報バラエティ生番組「5時に夢中!」。5月31日(木)放送の「中瀬親方のエンタメ番付」のコーナーでは、新潮社出版部部長の中瀬ゆかりさんがおすすめのエンタメ作品を番付形式で紹介しました。

【“中瀬親方”による5月のおすすめ作品】

◆関脇
漫画「美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜」
藤森治見 著(ぶんか社)

中瀬親方「太平洋戦争終戦直前、樺太で生まれ育った少女・市村ハナは、容姿が醜いことから女学校で凄惨ないじめを受けていました。いじめのリーダー格である大企業の社長令嬢らによって、ハナは泥棒の濡れ衣を着せられ退学に追い込まれることに。その後、ソ連軍が空襲を開始し北海道へ逃れる船に乗り込んだハナ一家でしたが、いじめグループによって船から追い出され、絶望的な状況に……。
絶望の淵に追いやられたハナはいじめグループへの復讐を誓います。整形して美しい顔を手に入れて、別人となっていじめグループに近づき、復讐を果たしていくのです。この漫画は1話完結で、一人ひとり追い詰めていくさまがとにかく壮絶! 2時間ドラマのような世界観で釘付けになってしまいました。1巻の終わり方も続きが気になるような描き方で、目が離せない展開になっています」

◆大関
映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」
7月6日(金)全国順次ロードショー

中瀬親方「1973年、全世界で9,000万人の目を釘付けにした、女子世界テニスのチャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの決戦の実話を描いた作品です。
当時は、女子の優勝賞金が男子の8分の1という男女格差の激しかった時代。その状況にビリーは異議を唱え仲間たちと“女性テニス協会”を立ち上げますが、“男性優位主義”の代表としてボビーから挑戦状を叩きつけられるのです。ふたりの決戦は、スポーツ界はもちろん、政治や社会、学校や家庭における“女と男”の関係までをも変えた世紀の戦いとなります。
「ラ・ラ・ランド」に出演していたエマ・ストーンが9kg増量し、ビリーを素敵に演じています。試合の白熱プレーにも注目! 最高に痛快で爽快なラストは、自分らしくあるための勇気と希望を与えてくれる作品です」

◆横綱
書籍「素顔の西郷隆盛」
磯田道史 著(新潮新書)

中瀬親方「今から150年前、この国の形を一変させた西郷隆盛。薩摩での生い立ちから悩み多き青春と心中未遂、流謫の南島から幕末の渦中へと舞い戻り、戦闘の果てに倒幕を成し遂げ、ついには賊軍として西南戦争で自決するまでの彼の意外な素顔や人間像、維新史を浮き彫りにした作品です。
歴史学者として脂が乗っている磯田道史さんが、ありとあらゆる資料を読み込んだなかから面白いところだけを抽出して、絶妙な構成で“人間・西郷隆盛”を浮き彫りにしています。幕末から明治維新までの時代の流れがこれ1冊でわかり、西郷隆盛論の決定版になると思います! NHK大河ドラマ『西郷どん』を観ている人も観ていない人も、これを読めば丸わかりなのでものすごく得した気分になれる名著です」

中瀬さんが推す3作品、ぜひチェックしてみてください!

<番組概要>
番組名:5時に夢中!
放送日時:毎週月〜金 17:00〜18:00
メインMC:ふかわりょう(月〜木)、原田龍二(金)
アシスタントMC:上田まりえ(月〜木)、ミッツ・マングローブ(金)
月曜コメンテーター:若林史江、マツコ・デラックス、ガウ(黒船特派員)
火曜コメンテーター:岩下尚史、コーヘン会(黒船特派員)
水曜コメンテーター:美保純、江原啓之、おおたわ史絵、アイクぬわら(黒船特派員)
木曜コメンテーター:中瀬ゆかり、岩井志麻子、ジョナサン(黒船特派員)
金曜コメンテーター:中尾ミエ、堀江貴文(※月一出演)、ライアン(こども黒船特派員)
番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/goji/

関連記事

おすすめ情報

TOKYO MX+の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索