田中みな実「深夜に涙が止まらなくて…」“パジャマ姿”で向かった先は…

田中みな実がメインMCをつとめるTOKYO MXの情報バラエティ生番組「ひるキュン!」。6月1日(金)放送「人生のベテラン調査室」のコーナーでは、「映画を観るのは、映画館派? 家派?」というテーマで街頭調査をしました。

普段、あなたは映画をどこで観ていますか? 映画を鑑賞する場所は、“映画館”と“自宅”の大きく2つに分かれます。映画館で映画を観る魅力と言えば、やはり大スクリーンの迫力と臨場感のある音響を堪能できること。一方、最近は動画配信サービスなどが充実し、家でまったりと映画を楽しむ人も増えているようです。
昭和世代のベテランたちは、映画をどこで観ているのでしょうか? 街頭調査をしてみました。

◆映画を観るのは、映画館派? 家派?
・映画館派の意見
「迫力が違う。家ではついゴロゴロしてしまう。映画は集中して観たい」(72歳 女性)
「(作り手は)映画館で観るために撮影していると思うので、映画館で観るのが一番いいと思う。自宅だとメールや電話で中断されることもあるが、映画館はそのまま(作品に)のめり込める」(60歳 男性)
「週1回くらいで、映画館で観ている。大スクリーンで観たほうが“映画を観た”という気分になる」(81歳 男性)

・家派の意見
「おもしろくなかったら、すぐに止めてほかのことができる。映画館まで行くのが面倒くさい。家のほうが楽に観られる」(74歳 女性)


コメンテーターの有村昆さん曰く、日本では、映画館で映画を観る本数が“1年間で2〜3本程度”という人が約半数にもなるとか。それだけに「映画産業を支えるためにも、ぜひ映画館で観ていただきたい!」と訴えます。「最近は4DXやIMAXなど“体感型”の映画館が増えている。映画を“体感”すると、より印象に残る。また、わざわざ決まった時間に出向くという手間もむしろいい!」と力説。「あと、映画監督は、映画の中にいろんな情報を詰め込んでいる。それを、家で寝転がりながら、小さい画面で観ると情報が入りにくい」とも話します。


映画監督としての顔を持つ金曜パートナーのゴリ(ガレッジセール)は、スマートフォンで映画を観ることが多いとか。「先日、『タイタニック』をスマホで観た。あの迫力ある豪華客船が(スマホだと)“ひと口餃子”くらいしかなかった」と笑いを誘います。仕事柄、移動が多いというゴリは、「移動時間も有効に使いたい。移動中に映画を2〜3本観られることもあるし、スマホでの鑑賞はとても充実している」と言います。


田中は、映画館で月に3〜4本映画を観るそうで、「友達との約束やデートなど特別な用事がなくても、1人で映画を観に行くだけで“今日イベントごとがあった!”っていう気持ちになれる」と言います。最近も、深夜2時ごろの上映に出向いたそうで、その理由を「なぜか急に、深夜に涙が止まらなくなって…お風呂に入っても眠れなかったから、パジャマのまま、上着だけ羽織って観に行った」とそのときの様子を明かす一幕も。ちなみに、そのときに見た作品は「ピーターラビット」だったそうで、「すごくいい時間だった」と話していました。


番組では、「映画を観るのは、映画館派? 家派?」という質問で視聴者による生投票も実施しました。

◆映画を観るのは、映画館派? 家派?
映画館派……1,108pt
家派……1,232pt

「映画館派」がやや多い結果となりました。あなたは、どちら派でしょうか?


<番組概要>
番組名:ひるキュン!
放送日時:毎週月〜金曜 12:00〜12:55
メインMC:田中みな実 アシスタント:徳光正行
パートナー:原口あきまさ、いとうまい子(月曜)、クリス松村(火曜)、木本武宏(TKO)、近藤サト(水曜)、アンミカ(木曜)、ゴリ(ガレッジセール)(金曜)
番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/variety/hirukyun/
番組Twitter:@hirukyun_9ch

関連記事

おすすめ情報

TOKYO MX+の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索