ヒュー・ジャックマン、生放送で語る 「政治家は耳を傾けるべき」

TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。1月22日(火)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、俳優のヒュー・ジャックマンさんが生出演! 政治と報道について意見を交わしました。

2月1日(金)公開の映画「フロントランナー」で、主演を務めたジャックマンさん。映画は、1988年の米国大統領選挙を舞台に、有力候補ゲーリー・ハートが、1つのスキャンダル報道によって政界から葬られた事件の真相に迫るサスペンス・ドラマです。

番組では、「学生時代にジャーナリズムを専攻していた」と言うジャックマンさんとともに、政治とスキャンダル報道、そしてSNS時代の可能性と落とし穴についてディスカッションしました。


◆スキャンダルと政治は切り離せない?

現代における政治とスキャンダル報道について、ハピキラFACTORY代表取締役の正能茉優さんは、「これからの政治こそ“人”が大事」と提唱します。

「多くの人が“政治=政策”と考えがち。政治は政策だけでなく、それを誰がどういう風に決め、どのように実行していくかを含めたもの」


SNSやYouTubeの流行により、個人が情報を発信できるようになった現代。人々はこれまで以上に、“人”という単位で情報に興味を持っていると正能さんは考察します。そして、政治や政治家は今後こうなっていく“かもね”と、3つの可能性を示唆しました。

1:「フォロワー数の多いインスタグラマーが、政治家になる時代がくるか“かもね”」

2:「日々異なる絵になりやすい政策に、人気が集まる“かもね”」

3:「政策そのもの以上に、誰がどう実現するかという過程に価値が置かれるようになる“かもね”」


正能さんは、「どのくらい世の中が変わったのかは数字で判断されることも。SNS同様、日々“絵になりやすい政策”に人気が集まるのでは」と解説を付け加えます。そして、個人が注目される流れのなかでは「スキャンダルは政治から切り離せないものなのでは」とも。

この意見を受けて、MCの堀はジャックマンさんに「政治家は、人々の欲望に寄り添うべきか、信念を貫くことで(人を)惹きつけるべきなのか」と問います。すると、ジャックマンさんはイスラエル元大統領のシモン・ペレス氏との出会いを振り返りました。

「彼は『リーダーは人の上に立つのではなく、人の先に立つものだ』と言いました。人に奉仕し、未来へとガイドしてくれる存在だと」

そして、「ときには国民から理解を得ることができず、人気を失うこともあるかもしれない」と述べつつも、「それがリーダーとしてやるべきこと。もし私がリーダーを選ぶなら、政治的な成功よりも国を思っている人を選びたい 」と主張しました。


◆政治家は“耳を傾ける”べき

ここでは堀は、政治家の役割と国民への対応について提起します。

2017年、ハーヴェイ・ワインスタイン氏のセクハラ告発を機に、世界中へと広まった「#MeToo」運動。ドナルド・トランプ大統領も、自身が指名したフレッド・キャバノー最高裁判事にスキャンダルが浮上し、運動に参加する女性らから批判を浴びました。

しかし、堀は「トランプ大統領には依然としてある程度の支持率はある」と話し、その理由を「国のリーダーに、経済や軍事をよくしてほしいという願いも(国民には)あるから」と考察します。そこで、「犠牲を強いられてしまった人の声を政治家はどう受け止めていくべきか」とジャックマンさんに尋ねました。

ジャックマンさんは「オーストラリア人なので、無責任に語るべきではないけれど」と前置きしつつ、次のように断言しました。

「政治家は“耳を傾ける”べきです。人々に『自分の声がちゃんと届いている』と感じてもらわなければいけない。そのためにはコミュニケーションが重要なんです」

アメリカだけでなく、世界中で「そのようなフラストレーションが起きている」と話すジャックマンさん。さまざまな“シフト(変革)”のなかでは「先を見据え、国をどの方向に導くかを考えなければならない」と続けました。

◆興味深い=重要、ではない

情報スタビライザーの下村健一さんは、「今は“何”を言うかではなく“誰”が言うかが大事」と話します。そして、唐突に「ジャックマンさんは愛妻家だと聞きましたが、こんなにいい男なのに、本当に愛人はいないんですか?」との質問が。

これには、「日本国民の皆様に約束します。私が幸せな結婚生活を送っていると!」と、スピーチさながらの迫力で語りかけるジャックマンさん。


下村さんは「今この瞬間、日本のファンの人たちはグッと身を乗り出したと思うんです」と話し、「これがみんなの“関心軸”。メディアが愚かになったのではなく、人々がその質問を導きだしてる」と続けます。

ジャックマンさんは「話の腰を折って申し訳ない」と紳士的に切り込み、下村さんの意見に同意しつつも、次のように続けました。

「資質や知性、そして、政治家が本当に政策を実現してくれるかどうかもやはり重要です。私たちは、その政治家が本当にそのような人なのか、真実を見極めたいのです」

映画「フロントランナー」の終盤では、主人公ハートが「公人の生活には とても興味深いこともあるが、それが重要なことだとは限らない」というスピーチをするのだとか。最後は日本語で「ありがとうございます」と告げ、視聴者に笑顔で挨拶したジャックマンさんでした。

ジャックマンさんが出演した、1月22日(火)放送の「モーニングCROSS」は、TOKYO MXの番組配信サービス「エムキャス」で無料配信中です(視聴期限:2月1日(金)7:00)。ぜひご覧ください。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:モーニングCROSS
放送日時 :毎週月〜金曜 7:00〜8:00
レギュラー出演者:堀潤、宮瀬茉祐子
番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/morning_cross/


関連記事

おすすめ情報

TOKYO MX+の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索