米ミスコン「水着審査」廃止へ “あったほうがいい”7割

TOKYO MX朝のニュース生番組「モーニングCROSS」。6月7日(木)の放送では、「『ミス・アメリカ』で水着審査が廃止」というニュースについて意見が交わされました。

セクハラや性被害を許さない「#MeToo(私も)」運動の広がりを受け、アメリカの有名ミスコンテスト「ミス・アメリカ」で、今年から水着審査が廃止されることになりました。水着審査の代わりに、出場者は審査員から質疑を受け、知性や才能、社会的な影響力などを審査されると言います。

ハピキラFACTORY代表取締役の正能茉優さんは、従来、ミスコンは外見の美しさをベースに女性を見るものだったとの考えを示したうえで、今回の水着審査廃止を「ミスコン自体の定義が見直されていると思う。社会的には意義があることだと思う」と話しました。ただ、容姿を問わず社会への影響などが審査されることについては「ビジネスコンテストと変わらなくなってしまうのでは」との感想を述べました。


作家の中谷彰宏さんは、自身が長年にわたって「ミス・インターナショナル日本代表選出大会」の司会や審査員を務めた経験を踏まえ、「最近は水着審査があることが理由で、クライアントがつきにくくなった」と述べ、従来型のミスコンは変わらざるを得なくなっていると分析します。実際、昨年の日本代表選出大会では審査員が全員女性になるなどの動きが出ているそうです。
また、ミス・アメリカのような大規模なミスコンでは、優勝者が世界を回って文化交流をする役割があるそうです。このため、「優勝者はスピーチが上手く、いいことを言える人にしないといけない」と述べ、容姿以外の部分で審査されることに理解も示します。


一方で、中谷さんは、出場者は生まれつきの容姿だけで参加しているわけでもないと主張し、「彼女たちは努力して綺麗になっている。その努力を評価することも大事ではないか」と話しました。この意見に正能さんも「スタイルを見られる水着審査は、自己管理ができているかということでもある。女性の目線で見ても、水着審査はその頑張りの象徴だった」と応じ、水着審査の廃止に寂しさをにじませました。

番組ではミスコンの水着審査について、視聴者の意識調査を行いました。

◆ミスコンの水着審査についてどう思いますか?
なくすべき……900票
あったほうがいい……2,157票

投票結果は「あったほうがいい」がおよそ7割となりました。 皆さんはどう考えるでしょうか?


<番組概要>
番組名:モーニングCROSS
放送日時 :毎週月〜金曜 7:00〜8:30
レギュラー出演者:堀潤、宮瀬茉祐子
番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/morning_cross/


関連記事

おすすめ情報

TOKYO MX+の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索