田中みな実、“もみ消された雑誌の記事”に興味津々!?

田中みな実がメインMCをつとめるTOKYO MXの情報バラエティ生番組「ひるキュン!」。9月11日(火)放送「人生のベテラン調査室」のコーナーでは、「週刊誌を買いますか?」というテーマで街頭調査をしました。

この日は「1956(昭和31)年」を番組で特集。1956年は、出版社による初の週刊誌「週刊新潮」が創刊された年です。その後、さまざまなジャンルの週刊誌が発売され、雑誌は時代の先端を行くメディアに。しかし、昨年の統計によると、雑誌の推定販売金額は19年連続でマイナスを記録。雑誌離れが加速しているようです。


昭和世代のベテランたちのなかで、週刊誌を買っている人はどれくらいいるのでしょうか? 街頭調査をしてみました。

◆週刊誌を買いますか?
・毎週買う派の意見
※該当者なし

・買わない派の意見
「(ニュースは)ネットで見るか、コンビニで立ち読みをする」(53歳 男性)
「キヨスクが減り、買わなくなった」(代歳 男性)

・記事によって買う派の意見
「優良老人ホームの特集記事などが載っていれば買って読む」(65歳 男性)
「自分がファンの芸能人が記事に出ているときは買う」(63歳 女性)


火曜パートナーのクリス松村は、昔は買っていたそうですが、今はほとんど買わなくなったと言います。その理由として、「インターネットのない時代は週刊誌が出るとありがたく読んでいたけれど、今はめまぐるしく変わるニュースが毎日報道される」と、情報の即時性に言及しました。また、「スターと思える人がいなくなった」ことも理由のひとつだと言います。


コメンテーターの生島ヒロシさんは、「週刊新潮」をはじめ、毎週12誌以上の週刊誌に目を通すようにしているとか。そのなかで「最近は老後の不安や介護問題などの記事が増えてきていると思う」と実感を述べ、「買うのは年配の人なのでは」と推測しました。


アシスタントの徳光正行が出版社にまつわる裏話を始めると、田中は「もっと詳しく教えてください」と興味津々の様子。「今までどんな記事がもみ消されたんですか?」と熱心に質問する田中の姿に、スタジオは笑いに包まれました。

番組では、「週刊誌を買いますか?」という質問で視聴者による生投票も実施しました。

◆週刊誌を買いますか?
毎週買う……492票
買わない……1,772票
記事によって買う……776票

番組に寄せられたメッセージのなかには、「週刊誌を手にして読むという行為自体が好きなので、発売されている限りは買う」との声がある一方で、「今はWebでも情報が出ているので、よほど気になるか手元に残しておきたい記事がなければ、毎週買う必要性をあまり感じない」「買わない。近所に図書館があるので、休みの日に朝から行って読む」「3ヵ月に1度、美容院で興味のある記事のみ読む」といった意見が寄せられました。


<番組概要>
番組名:ひるキュン!
放送日時:毎週月〜金曜 12:00〜12:55
メインMC:田中みな実 アシスタント:徳光正行
パートナー:原口あきまさ、いとうまい子(月曜)、クリス松村(火曜)、木本武宏(TKO)、近藤サト(水曜)、アンミカ(木曜)、ゴリ(ガレッジセール)(金曜)
番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/variety/hirukyun/
番組Twitter:@hirukyun_9ch


関連記事

おすすめ情報

TOKYO MX+の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索