田中みな実、クリス松村の食生活に毒舌「絶対オナラがくさい」

田中みな実がメインMCをつとめるTOKYO MX(地上波9ch)の情報バラエティ生番組「ひるキュン!」(毎週月〜金曜 12:00〜)。2月12日(火)放送「東京ホンネ調査室」のコーナーでは、「この世からインスタント食品がなくなっても平気?」というテーマで街頭調査をしました。

この日は「1960(昭和35)年」を番組で特集。1960年は、ラーメンやコーヒー、カレーなどインスタント食品が大ブームとなった年です。

インスタント食品には、即席めんなどの乾燥食品、ピザなどの冷凍食品、カレーなどのレトルト食品はもちろん、濃縮つゆの素、濃縮スープなどの半乾燥食品も含まれるそう。これには田中が「ええ! それも入れちゃうの?」と驚きの様子。


インスタント食品の定義がわかったところで、まずは街頭調査へ。この世からインスタント食品がなくなっても平気かどうか、街のホンネを聞いてきました。

◆この世からインスタント食品がなくなっても平気?
・“平気”派の意見
「インスタント食品は食べているもののなかでかなりの割合を占めてはいるけれど、なければないでほかのものを食べる」(49歳 男性)

・“困る”派の意見
「おいしい冷凍食品が結構ある。冷凍の餃子やうどんは食べたくなる。日本の技術はすごい」(52歳 男性)
「この間雪が降ったが、そういうときに非常食がないと困る。インスタント食品があるのが当たり前の生活になっている」(18歳 女性)
「いざというとき、あるとすごく便利」(63歳 女性)


スタジオでは、そろって“困る”の札を上げたひるキュン!メンバー。なかでも、火曜パートナーのクリス松村は「インスタント食品がない1日なんてありえない」と断言します。

ちなみに、クリスの前日の夕食はインスタントの味噌ラーメンで、卵を6個も加えたのだそう。それを聞いた田中からは「クリスさん、絶対にオナラがくさいでしょ?」と冷ややかなツッコミが。

田中は1人暮らしということもあり、1人分の食事を作るのが面倒な時は、味噌汁のフリーズドライ、常温でも食べられる無添加のインスタント粥をよく活用しているのだとか。手軽で便利なインスタント食品について、「今は、手を抜くとかではなく食卓に並ぶ一部。日常的にいただくものになっているのでは」と推測します。


番組では、「この世からインスタント食品がなくなっても平気?」という質問で視聴者による生投票も実施しました。

◆この世からインスタント食品がなくなっても平気?
平気……18%
困る……82%


圧倒的に“困る”派が多かった今回の投票結果。番組に寄せられたメッセージのなかには、「夫のお弁当にインスタント味噌汁が欠かせないのでなくなると困る」「防災備蓄としても大事」などの意見もあり、インスタント食品はさまざまな場面で重宝されているようでした。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:ひるキュン!
放送日時:毎週月〜金曜 12:00〜12:55
メインMC:田中みな実 アシスタント:徳光正行
パートナー:原口あきまさ、いとうまい子(月曜)、クリス松村(火曜)、木本武宏(TKO)、近藤サト(水曜)、アンミカ(木曜)、ゴリ(ガレッジセール)(金曜)
番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/variety/hirukyun/
番組Twitter:@hirukyun_9ch


関連記事

おすすめ情報

TOKYO MX+の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索