夜の東京湾クルーズで、寿司懐石に舌鼓! 東京を楽しむ船の旅をレポート

ディープな東京の魅力を発信するTOKYO MXの番組「東京クラッソ!NEO」。10月14日(日)の放送では、お笑いコンビ・デンジャラスのノッチさんが東京で楽しめる2つのクルージングを紹介しました。

◆日本橋からぐるり お江戸クルージング
日本橋船着場には毎日多くのクルーズ船が発着し、年間約6万人が東京の船の旅を楽しんでいます。そのなかの1つ、オープンデッキの「ジールクルージング」に乗り込んだノッチさん。今回体験した「神田川ぐるり周遊クルーズ」は、日本橋川、神田川、隅田川といった都心を流れる3つの川と42の橋をおよそ90分で巡る船旅です。


ガイドの大久保慎一郎さんとともに、さっそく出発。
まずは、都内最古の石橋「常盤橋」です。残念ながら東日本大震災による損傷で現在も修復工事中ですが、橋の下を通ることはできます。しかし、橋をくぐる際は要注意。常盤橋は低いアーチ橋のため、船長も前かがみにならなければいけないほど頭上すれすれ。満潮のときは運航できないほどだそうです。


千代田区にある「錦橋」付近では、貴重な光景が。ここには江戸城築城当時の石垣がそのまま残されており、担当した大名を記した刻印を見ることができます。この刻印は、大名たちが自分の仕事をアピールするためのマークだったと言います。


ドイツ製の鉄橋「小石川橋通架道橋」は、1904(明治37)年に鉄道用に作られ、今も現役。電車が通過するときの音を聞いてみると“ガタン、ガタン”という昔懐かしい音が。スタジオの関根勤さんも「昔の山手線の音みたい」と感動の様子。ノッチさんも「いい音する! まるで歴史ミュージアムですね!」と興奮していました。


神田川をさらに下り、秋葉原、浅草橋を超えると東京スカイツリーを間近に臨みながら隅田川へと入ります。江戸随一の繁華街に架けられた「両国橋」は、武蔵国(現在の東京都)と下総国(現在の千葉県)の2つの国を結んだことから名付けられたそうです。昭和初期に完成した現在の橋は、「都選定歴史的建造物」にも認定されています。


隅田川を下り「新大橋」を通過すると、小名木川が視界に飛び込んできます。江戸時代、徳川家康は関東最大の塩田があった千葉県・行徳への交通を確保するため、江戸城よりも先に小名木川と新川を掘ったとか。小名木川は当時の物流の大動脈となり、年貢米やお酒、醤油などさまざまな物品がこの川を通って江戸湊に入ってきました。そのため、ガイドの大久保さんは「江戸の川で一番重要。これがあったおかげで江戸は百万都市になった」と言います。


船は「永代橋」の手前から日本橋川へ。まさにこのあたりが「江戸湊」と呼ばれるエリア。全国からさまざまな物資が集まる“江戸の玄関”として、物流と経済の中心地の役割を果たしてきました。


兜町を抜け、再び日本橋に戻ってきたノッチさん。「(江戸の)歴史を堪能できた」と大満足の様子でした。

◆東京ディナークルージングへ
フォーマルなスーツを身にまとったノッチさんは、港区・日の出桟橋から毎日運航している大型クルーズ船「シンフォニーモデルナ」へ。ベイエリアの夜景とディナーが楽しめる、約2時間半の「ディナークルーズ」を体験します。


最上階のトップデッキでは360度パノラマの景色を楽しむことができます。「レインボーブリッジ」の下をくぐり抜けるときの迫力は、このクルージングの大きな魅力。また、「東京ゲートブリッジ」は、夜になると1時間に1度、橋桁の886個のLEDライン照明が美しく点灯します。


全長2,354mを超える「大井コンテナ埠頭」では、夜になるとクレーンなどの灯が水面に映し出され、美しく幻想的な景色が広がります。


ここでお待ちかねのディナータイム。ディナーは、フレンチ、イタリアン、寿司、バイキングなどから選ぶことができます。ノッチさんが選んだのは、「寿司ダイニング 海音〜kanon〜」の寿司懐石。前菜オードブルや、旬のネタを用いた職人自慢の江戸前握りに舌鼓を打ちました。


「寿司懐石(輝)」は、乗船料・ワンドリンクを含む16,500円(サービス料・消費税込)。ディナークルーズのほか、ランチ、アフタヌーン、サンセットクルーズなど、多彩なプランで毎日運航しています。

◆「東京国際クルーズターミナル」
現在、青海コンテナ埠頭では、新客船ターミナル「東京国際クルーズターミナル」を建設中です。東京の新たな玄関口として2020年7月14日(火)に開業予定で、当日は世界最大級の豪華客船「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」の入港を予定しています。


<番組概要>
番組名:東京クラッソ!NEO
放送日時:毎週日曜 21:29〜22:00
司会:関根勤、大橋未歩
番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/variety/tokyo_crasso_neo/


関連記事

おすすめ情報

TOKYO MX+の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索