“美容ボランティア”で高齢者を元気に! 「プラチナ美容塾」とは?

“東京で働く。東京で生きる。”をコンセプトに、東京の街を支えるさまざまなスペシャリストをクローズアップするTOKYO MXの番組「東京JOBS」。5月23日(水)の放送では、“美容の力”で高齢者を元気にするボランティア活動を紹介しました。

美容を通じて元気に輝く高齢者世代(プラチナ世代)を支援するNPO法人「プラチナ美容塾」。こちらでは、高齢者施設などでメイクやネイルケア、顔や手のマッサージなど多岐にわたる美容メニューを提供する美容ボランティア活動を行っています。同塾の理事長を務める伊藤文子さんは、「(メイクなど)“つける美容”だけでなく、(フェイスマッサージなど)“触れる美容”もあります。こうした美容で五感を刺激することによって、健康寿命が延びると思います」と話します。


大手化粧品メーカーを定年まで勤めあげた伊藤さんの施術は、経験に裏打ちされた確かなもの。実際に、美容ボランティアを体感した男性(87歳)は、「とてもよかった。これで少し男前になったかな」と笑顔を見せていました。

高齢者の方に向けて「スピーディーでシンプルなメイクを心がけている」と話す伊藤さんは、「できれば1つで(メイク)できるものがいい。例えば、ファンデーション1つでコンシーラーの役割まで果たすものなど、簡単だけど満足できて、さらに楽しくて結果が見えるもの」を提供できるよう努めていると言います。


そんな伊藤さんが、ボランティア活動で一番大切にしているのは“コミュニケーション”を丁寧にとること。「高齢者のみなさんは、人生でいくつもの経験を得てきています。お話を通してその方の人生を聞き出しながら(メイクの)色を選び、次に何をするか、お互いに話し合って決めるようにしています」と伊藤さんは話します。さらに、「口紅をつけることが目的ではありません。コミュニケーションを取って話を聞くこと。それが一番です」と教えてくれました。

そんな伊藤さんが「プラチナ美容塾」立ち上げたのは、愛する母親の死がきっかけでした。「私がちょうど会社をリタイアした年に母が亡くなりました。そのときは悲しいというか、もっと触れてあげればよかった……それができなかったことをすごく悔やみました」と当時を振り返ります。そこから、伊藤さんは美容ボランティアを始めます。「(ボランティア活動をしに)行くと、みなさんすごく喜んでくれるんです。まるで亡くなった母が喜んでくれているみたいで……」と話してくれました。
さらに「プラチナ美容塾」では、港区内でボランティアの養成講座を開講し、メイクの技術やコミュニケーション術の指導などにも取り組んでいます。

伊藤さんは美容ボランティア活動への想いを、「その人がいい形で(美容に)関わること。より多くの人が、やりたいことを、やりたいときにできるような場を増やしていきたい。人生は二幕目がおもしろいんです!」と語りました。


バイタリティ溢れる伊藤さんの姿に、ホラン千秋は「1つでも多くの笑顔を増やそうと活動を続ける伊藤さんは、パワフルで素敵な女性ですね! いくつになってもオシャレに輝き続けるプラチナ世代、私も目指したいです!」と目を輝かせていました。

<番組概要>
番組名:東京JOBS
放送日時:毎週水曜 21:54〜22:00
ナビゲーター:ホラン千秋
番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/variety/tokyojobs/


関連記事

おすすめ情報

TOKYO MX+の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索