アクセス良好、手ぶらでOK! 東京で楽しめる「アウトドア」スポット

ディープな東京の魅力を発信するTOKYO MXの番組「東京クラッソ!NEO」。5月6日(日)の放送では、“東京で楽しめるアウトドアスポット”を紹介しました。

◆都内唯一! 森のなかで“アーチェリー”体験
お笑いコンビ・三拍子の久保孝真さんと高倉陵さんが訪れたのは、JR相原駅から徒歩10分ほどの場所にある「花のやまフィールドアーチェリー」。ここは、森のなかにあるコースをゴルフのように順番に回り、弓で矢を射って標的上の得点を競うスポーツ「フィールドアーチェリー」が楽しめる都内唯一のスポットです。同施設代表の青山学さんに基本ルールなどをレクチャーしてもらった後、2人はコースを体験することに。“的”までの距離はレベルで異なり、初心者は5〜20m、上級者は15〜60mほどです。自然のなかで野鳥のさえずりを聴きながら、初めて体験するスポーツに、2人は「森林浴のようで気持ちがいい♪」とすっかりハマった様子でした。
道具は全てレンタルできるので手ぶらでOK。初心者でも安心です。ぜひ体験してみてはいかが?


◆東京の河川で、ハワイ生まれの“SUP”を楽しむ
続いて2人は、旧中川のほとりにある「都立大島小松川公園」(江東区・江戸川区)へ。ここでは、ハワイ発のウォータースポーツ“SUP(サップ)”こと「スタンドアップパドルボード」を体験できます。
さまざまなアウトドアプログラムを実施する「ぼちぼちアドベンチャー すその」の太田旭さんに基礎を学び、いざ川へと出発。サーフボードよりも少し大きめの板に乗り、初心者は立膝の状態でパドルを漕ぎながらボードを操ります。太田さんの案内のもと、旧中川をのんびりと北上。慣れてきた高倉さんは、立ってSUPを楽しみます。ボードの重量制限と同じ体重120kgの久保さんも恐る恐る立ち漕ぎにチャレンジ。途中一度、水中に落ちるハプニングがありつつも、すっかりSUPの魅力にのめり込んでいました。さらに進むと、前方に東京スカイツリーが迫ってきます。ライトアップされた東京スカイツリーの夜景を楽しむナイトツアーも大好評だそうです。


◆都内の公園で“手ぶら”バーベキュー!
さらに2人は、葛飾区にある「都立水元公園」へ。東京ドームおよそ20個分もある広大な園内には、アウトドア初心者にも人気のバーベキュー場を併設。バーベキューに必要な食材・機材がセットになった手ぶらで楽しめるプランもあります(事前予約制)。バーベキュー終了後、道具を洗わなくてOKなのもうれしいポイントです。
SUP体験後ということもあり、腹ペコの2人は、和牛カルビや骨付きカルビ、豚トロ、ソーセージ、カット野菜などがセットになった「プレミアムセットPLAN(道具付)」をチョイス(※1人前4,380円/4人から受付)。焼き上がった骨付きカルビにかぶりつき、ビールを流し込んだ高倉さんは「ん〜、うまい! これは最高!」とご満悦。都内から電車や車でのアクセスも良く、手軽にバーベキューができるとあって、ファミリーやグループでの利用が多いそうです。


ちなみに都内には、「都立水元公園以外」にも何も持たずにバーベキューを楽しめる公園が多数あります。小金井市「都立小金井公園」、江戸川区「都立葛西臨海公園」などでも手ぶらでのバーベキューが可能です。新緑を楽しみながら、家族や友人たちとバーベキューはいかがでしょうか?

<番組概要>
番組名:東京クラッソ!NEO
放送日時:毎週日曜 21:29〜22:00
司会:関根勤、本田朋子
番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/variety/tokyo_crasso_neo/


関連記事

おすすめ情報

TOKYO MX+の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索