不倫疑惑報道の堀尾正明アナ「ビビット」で涙目の釈明 50代女性に「恋愛感情ない」

不倫疑惑報道の堀尾正明アナ「ビビット」で涙目の釈明 50代女性に「恋愛感情ない」

 20日発売の週刊新潮に、シングルマザーの50代モデルとの不倫疑惑を報じられた堀尾正明アナ(64)が同日、レギュラー出演するTBS系朝の情報番組「ビビット」で“生釈明”を行った。

 同誌によると堀尾アナは1985年に結婚した5歳下の妻と別居中で、50代女性の家に通いつめ、女性の子供2人とバドミントンで仲良く遊ぶ姿や、揃って居酒屋で食事するところも目撃されている。6月に入ってすでに4回も女性の家に泊まっているという。

 番組は8時の開始から新潟・山形地震や神奈川の受刑者逃走事件などを取り上げ、この間、堀尾アナはMCの国分太一(44)、真矢ミキ(55)と3人で並び「おはようございます」とあいさつしただけでひと言も発せず。

 24分にニュースが一段落したところで国分が表情を引き締め「朝からこのようなことを放送するのは…」と戸惑いを見せながら直立不動の堀尾アナに話題を移す。アップで写された堀尾アナは目に涙を浮かべているように見えた。

 VTRで新潮の報道や、街角の声などを紹介した後、口を開いた堀尾アナは「今回の自分の行動で多くの人にご迷惑をかけ、誤解を生じ、番組をご覧になっている方々に不快な思い、イヤな思いをさせたことに、言葉もございません」と頭を下げ、知りあって半年ほどになるという女性の家族の問題で、この1か月ほど相談に乗っていたと説明。女性をサポートをする人が何人もいるといい、自らは「ご家族に出入りする中の一人」と位置づけ「プライバシーの問題もあるので詳しくは話せないが、ご家庭にある事情があって、私の仕事上のいろんなルートなどでサポートをしたい」と考えていたという。

 国分が「(新潮の)写真を見ると、楽しそうに見えますが、率直に女性に対して好意は?」と質問すると「ありません。相手の女性にも失礼にあたる。ここはキッパリと、ありません」と恋愛感情を否定した。

 番組では独自に女性に取材を行ったとして「恋愛感情は全くないです。14歳年上の堀尾さんは家族で“おじいちゃん”と呼んでいた」とのコメントを紹介した。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索