アイドルグループ「乃木坂46」の中田花奈(25)の初の冠番組「乃木坂46中田花奈の麻雀ガチバトル! かなりんのトップ目とれるカナ?」(CS放送・TBSチャンネル1=25日深夜0時スタート)の初回放送収録が15日、都内で行われた。

 昨年末の「三代目MC決定戦」を見事に勝ち抜いた中田の栄えある初戦。インスタントジョンソンのじゃい、アルコ&ピースの酒井健太、長澤茉里奈とガチで麻雀対決した。対局終了後は「緊張していたんですけど、和気あいあいと皆さん優しかったので、緊張はほぐれました。すごく楽しかったです」とコメントした。

 目標としているのは、守備に定評のあるプロ麻雀リーグ・Mリーグに参戦中の二階堂亜樹プロ(EX風林火山)とあって、この日も手堅い打牌が目立った。一方で「攻め方を学びたい」と自身の攻撃力にはまだまだ向上の余地があると考えている。

「生活の8割が麻雀」と公言する中田の目標は、プロ雀士だ。「本当に恐れ多いのですが、プロ雀士というのに憧れます」と改めて宣言した。

 中田に引っ張られるように、乃木坂46内では麻雀ブームが起きている。「白石(麻衣)が麻雀を始めたというので、(番組の)対局に呼びたい。秋元(真夏)も麻雀アプリを入れさせたり、ちょっとずつ仲間にしていっています」と笑顔で話した。

「麻雀がもっともっと盛り上がってほしい。乃木坂キッカケで、麻雀する人が増えてほしい」とこれからもメンバー、ファンに“伝道”していくつもりだ。