AKB48の柏木由紀(28)、SKE48の須田亜香里(28)らが16日、東京・秋葉原のAKB48劇場でAKB48グループのVR(仮想現実)ライブ配信開始の記者発表会に出席した。

 ソフトバンクのスマートフォン向けVRプラットフォームアプリ「LiVR(ライブイアール)」を導入。まずは東京・秋葉原のAKB48劇場、名古屋・栄のSKE48劇場、新潟・NGT48劇場で2月3日にスタートする。

 各劇場のステージの正面、上手側、下手側の3か所にVRカメラを常設。正面のカメラは最前列席より前に設置されるため、臨場感あるVR映像を楽しめる。

 ゴーグルを着けて初体験した柏木は「触れそう! 最前(列席)よりも全然近い。けっこう興奮しますね!」と笑顔。姿勢を低く下から見上げるしぐさを見せつつ「のぞけそうなんだよ! ファンの方も絶対一回はやると思う」と話すと、須田は「のぞけないですよ! 怪しくなってきた、柏木さん」とたしなめていた。

 また、全方位から至近距離で見られるため、年長メンバーの柏木と須田は戦々恐々だ。

 須田は「高画質になればなるほど意気込んじゃう。毛穴ケアが大変…美容代にもっとお金がかかるかも」と心配顔で「柏木さんはメークの時間が長いと聞いていますが…」と暴露。これに柏木は「めちゃくちゃ長くてメークに数時間…。みんなより2時間くらい早く入らないといけない」と苦笑いした。

 同アプリで有料チャンネルでAKB、SKE、NGTでそれぞれ月額3300円。各劇場のVR映像が見放題になるAKB48グループチャンネルは月額8400円で、各劇場のVR映像を切り替えることができる。

 なお、お試しコンテンツとして、昨年12月8日に行われた「AKB48劇場 14周年記念特別公演」のVR映像が16日から同アプリで無料公開された。