俳優・東出昌大(31)との不倫を報じられた女優の唐田えりか(22)が24日、TBS系ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の出演を自粛することになった。この日、所属事務所「フラーム」が公式サイトで発表した。

 サイトでは「今回お騒がせしてしまった報道を受け、反省をし、検討した結果、TBS金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』の出演を自粛させて頂くという結論に至りました」と説明。「関係各所の皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 唐田は病棟クラーク(医師や看護婦のサポート)の小山内みゆき役を演じていた。番組の公式サイトは、この日の第2話放送終了後、「キャスト&スタッフ」「人物相関図」から唐田の名前が外された。