瀬戸内7県を拠点とするアイドルグループ「STU48」の石田千穂(17)が24日、東京ドームシティホールで初のソロコンサートを開催。「最強のアイドルになりたい」と宣言した。

「最強ツインテール」「彼女になれますか?」「遠距離ポスター」「好き好き好き」などAKBが誇るアイドルソングを中心に全29曲を熱唱。“王道アイドル”を思わせる衣装、セットリストや演出、MCもファンを喜ばせる言葉を飛ばし、かつての渡辺麻友のような存在感を見せつけた。

 ソロコンサートを行うことは「念願の夢だった」という石田。終盤にはファンへ向けての感謝の手紙を読み上げた。

 石田は「アイドルになって3年になりますが、ソロコンサートをするなんて誰も思わなかったと思います。夢のようです。最初は自分からなかなか前に行けなくてそんな自分が嫌で仕方ありませんでした」と回顧。「でも、少しずつ自信がついて『選抜になりたい』『STU48のセンターになりたい』と言えるようになりました。うれしい出来事も悔しい出来事もいっぱいあったけど、ファンの皆さんに恩返しをしたい。笑顔で喜びあいたいと思いました。これからもいろんなことがあると思いますが、ずっと前を向いて最強のアイドルを目指して頑張ります!」と宣言した。