地下アイドル「仮面女子」の最年長メンバー・雪乃しほり(29=スチームガールズ)が9日、東京・秋葉原の仮面女子カフェで生誕祭を行い、卒業の噂をキッパリ否定した。

 29歳のメンバーが生誕祭を行うのは初めて。ライブではアリス十番、アーマーガールズにも参加。客席ダイブも敢行し、自身の持つ最年長記録を塗り替えた。最後のあいさつで「ファンの皆さんの中で『卒業するんじゃないか』みたいになってますけど、『来年もいるよ』って言ったら『来年も生誕祭やるの?』って言われた(笑い)」と会場を笑わせ「皆さん、安心してください! 昨年『30歳までアイドルをやる』と宣言した通りですから!」と改めて現役続行を表明。「20代最後の年は、アイドルとして、一人のタレントとして、皆さんに感謝の気持ちを伝えていきたい」と頭を下げた。

 ステージデビューから同期として活動したメンバー・大鈴はるみ(20)は手紙の中で“ドジっ子”ぶりを指摘。「きっと、この後も何かあると思います」と締めくくった。その言葉通り、雪乃はラストに披露するはずだった曲を忘れて退場。他メンバーも「いつ、やるの?」と首をかしげながらステージを後にした。スタッフとファンの機転で急きょ場内に「アンコール」の声が響き渡り、無事に予定曲目を終えるというオチをつけた。

 ライブを終えた雪乃は「本当に忘れていました」と告白。スチガのリーダーとして「20代でやり残したことはない。むしろ、これから新しいものを見つけて挑戦していきたい」と力を込めた。