俳優の岡山天音(25)が12日、都内で行われた映画「踊ってミタ」(3月7日から)の完成披露舞台あいさつに登場した。

 同映画は、ボーカロイド(ボカロ)やVtuber(バーチャルユーチューバー)などのインターネットカルチャーを題材にした地方再生型ヒューマン・ダンスムービー。

 主演の岡山は、東京でトップクリエーターになるという夢に破れ、地元の観光課で働く青年役を演じた。

「ダンスシーンがすてきに仕上がっている」と話した岡山は「撮影の合間に隙を見つけて、人目のつかないところに行ってダンスをとにかく練習した」と振り返った。

 そんな岡山は最近「一人飲み」にハマっていると告白。「もともとお酒が弱く、飲み会ではノンアルコールを飲んだりしていたが、一人で飲むようになってから、毎日のように飲んでいる」とプライベートを楽しんでいる様子。

 読書しながらお酒を飲むのがマイブームだというが「(酔った状態で読書をするため)次の日になったら全部忘れてしまう。10ページくらいさかのぼっても初めて読むような気持ちで読む」と天然な一面をのぞかせた。