ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」の室田瑞希(21)が22日、春公演「Hello! Project ひなフェス2020 アンジュルム プレミアム」をもってグループを卒業した。

 晴れの卒業の日をハロプロ史上初めて“無観客”で迎えた。同公演は3月20〜22日に東京・渋谷区の明治神宮会館で開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け中止。22日公演分を無観客で生配信した。

 室田は2012年3月にハロプロ研修生としてキャリアをスタート。14年10月にアンジュルム3期メンバーとして加入し、高いダンススキルでグループを支えた。プライベートではゾンビ好きというユニークな一面を持ち、ファンも多かった。

 ライブで、アンジュルムはヒット曲「大器晩成」や人気曲「46億年LOVE」を披露。終盤には、ファンやメンバーに向けた感謝の手紙を朗読し「つらい時や、落ち込んでしまう時に聞いて励まされた曲」として挙げた曲が「君だけじゃないさ…friends」だった。これをソロで歌うと、笑顔がウリの室田も少し寂しげな表情を見せた。卒業後は芸能活動を継続する意向だという。以下、卒業あいさつ全文。

 まず、卒業コンサートが無観客中継という形になったことを本当に残念に思います。でも、ライブできることに、感謝しています! 中継で見てくださっている方、本当にありがとうございます。

 私は小さいころ、物心ついたころからずっとアイドルになりたい!と言っていました。スマイレージ2期メンバーオーディションを初めて受けて、残念ながら落選してしまったけど、やっとの思いでハロプロ研修生になり、アンジュルムに入ることができました!!

 アンジュルムには、個性の詰まったすてきな先輩方がたくさんいて、そんな先輩方に囲まれた中で、後輩もどんどん入ってきて、時がたつにつれて本当に面白いグループだなーと感じるようになりました。そんな面白いメンバーに囲まれていたからこそ、乗り越えられたこともたくさんあります!

 アンジュルムのコンサートは愛があふれています。それは、ステージを一緒につくってくださったスタッフの皆さんがたくさん、私たちに愛を注いでくださっていたからだと思います。本当にありがとうございます!

 それからファンの皆さん。皆さんは私たちメンバーが何をしても笑ってくれて、盛り上げてくださいました。アンジュルムがフェスに出る!って時も一緒に喜んでくれて熱い応援をしてくださって、本当に感謝しています。

 そしてアンジュルムのみんな! 私は、みんなに出会えたことが何よりもうれしいです! ふわふわした癒やしの後輩たち、りんちゃんとはち、れいら! いつもありがとう! そして、しっかり者に見えるけど、ちょっと抜けてるかむ、いろんな場所に一緒に行ってくれてありがとう! 気遣いが抜群だけど、みんなにかまちょのふなちゃん! MCをいつもまとめてくれてありがとう! ももな! 後輩だけど、いつも、ももなからたくさんのことを学ばせてもらってます! ありがとう! かみちゃんは、私の初めての後輩です。本当に妹みたいに人懐っこくて、かわいいなと思います!

 そんな後輩がいて私は幸せ物です! ありがとう!

 泣き虫なさっちゃん! 加入当時は本当にたくさん喧嘩していたけど、喧嘩するほど仲が良くて、いつの間にか私の中で戦友って感じでした! いつも足のマッサージ、ありがとう!

 そしてすてきすぎるリーダーのたけさん! たけさんは、本当に尊敬している先輩です! 器が大きくて、たけさんを見て、何度もこんな人になりたい!って思ってました! たけさんの言葉に、たくさん助けられました! 私と出会ってくれてありがとうございます! 以上!!!

 アンジュルムとして活動してきた約5年間、本当にありがとうございました!