24日午前に微熱などの症状が出たため、自宅で様子を見ると報告していた元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)が同日夜、自身のツイッターで改めて体調を伝えた。

 午前に「概ね37度3分」と明かしていた体温は「日中、37度5分になり、若干倦怠感が強くなりましたが、その後体温は下がり、現在36度8分あたりを推移しています」といい、痰がからむような感じで違和感を覚えていたノドについては「唾を飲み込むたびに痰が喉に絡む感じは朝よりも強くなっているように思います」とした。

 この日は大阪から東京に公共交通機関を利用して移動して仕事をする予定だった。もちろん行くことはできず「本日の講演会の主催者はIT企業で、新型コロナウイルス肺炎対策としてもともとオンラインによって実施する予定でした。僕が当日キャンセルしたにもかかわらず、主催者様のご厚意により、僕の回復後に延期していただけることになりました」。

 その上で「社会のIT化の必要性を痛切に感じました。高校生の次男は、明日・明後日が登校日なのですが、休ませます。大学生の長男と次女は友人と会う予定をキャンセルしてくれました。階下の母親とは電話のみ。過去1、2週間以内に僕と共演した多くの番組出演者の皆さんを不安にさせているかと思います」と報告した。