あの巨大豪華衣装を再び――。演歌歌手・小林幸子(66)が1日からユーチューブ公式チャンネル「小林幸子のさっちゃんねる」で、2014年に日本武道館で開催された「50周年記念コンサート」の模様を順次公開していくと発表した。

 このコンサートは18年に発売されたDVD「50周年記念 小林幸子in日本武道館〜夢の世界へ〜」に収録されており、その中から毎日1曲ずつ計13曲を配信していく。武道館のステージでは1993年、06年、10年の紅白で着た衣装3着を使用。その3曲も配信される。

 小林は「医療従事者の皆さんや、私たちの生活を維持するために動いてくださっている皆さんには、本当に感謝しかありません。だから、いま私たちは『STAY HOME』で頑張らなくてはいけません。働き疲れている皆さんや『STAY HOME』を頑張っている皆さんが、少しでも笑顔になってくれたらいいなと思い、この『日本武道館50周年コンサート』の動画をアップすることを決めました。大きな衣装も出てきます。ぜひ、大きな声で笑ってください」とコメント。

 さらに「みんな一緒に、一致団結して『コロナの海を溺れずに泳ぎ切りましょう!』」とエールも送った。

 ネット界では“ラスボス”とも称される小林。そのきっかけとなったのがこれらの豪華衣装だ。

 ある音楽関係者は「演歌界ではいち早くネットの世界へ足を踏み入れた小林の立ち位置は、いまでもネット民から一目置かれています。それだけに、今回の試みは受け入れられやすいでしょうし、それこそ初めて見るという人もいるでしょうから、大きな話題になるのでは」。

 演歌歌手にとっては耐え忍ぶ期間だが、今までにない試みで、新たなファンをつくれるチャンスなのは間違いないはずだ。