俳優の斎藤工(38)とタレントのゆきぽよこと木村有希(23)が出演した日本医師会の新型コロナウイルス感染拡大防止に向けたメッセージ動画が4月28日から公開されている。

 ワイルドなヒゲ姿を披露した斎藤は「私は外出しなくなってからヒゲを剃っていません。この特殊な期間をこれからもこのヒゲの長さで記録していきたいと思います」と、ヒゲをなでつつコメント。

 続けて「少し以前より健康的な日々を送っている気がします。起床時間だったり、食べるものだったり、後回しにしてきたもの、自分自身と向き合う時間を心なしか与えてもらっている気もしています」と、自粛生活について明かした。

 斎藤は動画への出演協力以外にも、自身が企画主催している移動映画館のプロジェクト「シネマバード」のバスタオル約200枚を医療従事者のために寄贈したりもしている。

 一方、おなじみのギャルメークで登場したゆきぽよは「ゆきは普段できないことをする時間にしようと思って、有意義に使えるように工夫しています」と語った。

 具体的には「ワンちゃんの芸を新しく覚えさせてみたりとか、運動不足にならないように“ツイスター”(マット上に手足を置いていくゲーム)を一人でプレーして体幹を鍛えてみたりとか…」などしているという。