N国党副党首の丸山穂高衆院議員(36)が8日、ツイッターを更新。コロナ禍の中、3密を無視して取材を続ける記者らを批判した。

 丸山議員は「ついさっき、各社記者ら20人以上が衆議院第二議員会館のくそ狭い地下エレベーターホールや近くの廊下に多数集まってて驚いた」とツイート。

「公明党北側一雄副代表へ囲み取材してた模様。ほんと、密がなんとかとか、社会的距離を保ってくれ〜とか言ってる政治家やマスコミほど守ってない。あほらしなって当然ですね」と苦言を呈した。