お笑いトリオ「パンサー」の尾形貴弘が、日放送のテレビ朝日系「アメトーーク!」の「奥さん大好き芸人」の回に出演。2017年に結婚した妻のあいさんに対するあふれんばかりの愛情を熱弁した。

 尾形は妻を愛しすぎているため、あいさんが用を足している最中にもトイレに押し入り、そのニオイをかいでいると告白。「ニオイがしたことが1回もない」そうで「いつかそのクサさをみつけて。(そうすれば)もっと愛する伸びしろがある」と胸を張り、共演者をドン引きさせた。

 SNS上では案の定、「キモい!」などとプチ炎上。尾形は放送直後の26日未明、自身のツイッターに「僕はもう一生エゴサーチしません!!」と吐露した。

 一方、あいさんは自身が開設しているブログで「うちのパパは『もとからこういう人』なので、もう慣れているのです」とフォロー。

 続けて「パパはネットの反応を見てめちゃくちゃ凹んでましたが。笑」「とりあえず、コインでドア開けてトイレ中に入ってくるのだけは早急に阻止します。笑」と〝芸人の嫁〟としてネタにする余裕を見せ、夫を優しくフォローした。

〝トイレ侵入〟とは何ともぶっ飛んでいるが、お笑い関係者は「尾形は、例えば自宅で夫婦2人でテレビを見ていて、イケメンの俳優にあいさんが『カッコいい』とこぼすと、『おいっ!』とツッコんで嫉妬する。親戚や友人の前でもあいさんにベタベタくっついている。それほど愛しているのは間違いない」と語る。

 トイレといえば「アンジャッシュ」渡部建の〝多目的トイレ不倫〟が大バッシングを浴びているが、尾形のLOVEはガチなようだ。