28日放送のTBS系情報番組「サンデー・ジャポン」で、ジャニーズ事務所を退所し、23日に会見を開いた手越祐也(32)の話題が取り上げられた。

 その中でテレビプロデューサーのデーブ・スペクター(年齢非公表)は「やめるという決断はいい。でも会見の内容は言い訳ばかり。今後ユーチューブやるのはいいけど、別にジャニーズにいてもできる。もったいない」と苦言を呈した。

 一方、タレントの藤田ニコル(22)は「ユーチューブは向いてるんじゃないかなと思う。SNSのやり方知ってる」と肯定的に捉えた。