お笑い芸人の横澤夏子(29)と木村祐一(57)、お笑いコンビ「バッドボーイズ」(清人=41 佐田正樹=41)、シンガーソングライターの谷村新司(71)らが1日、都内で行われた「第70回 社会を明るくする運動−広がり、つながる未来の輪。−」のキックオフイベントに登場した。

 犯罪や非行の防止と、犯罪・非行をした人たちの更生について理解を深め、明るい地域社会を築くための全国的な運動で、今年70回目を迎える。
 約10年以上に渡り、フラッグアーティストとして同運動の応援ソングなどを制作している谷村は「犯罪や非行から立ち直ろうとしている人を支える保護司という仕事がある。そういう人たちがいるということを知ってもらうきっかけになれればという思いで旗を振っていきたい」と語った。

 また、同運動のアンバサダーを務めるバッドボーイズ、木村、横澤の3組は、保護司の活動をPRする動画に出演している。保護司とは、犯罪や非行をした人の立ち直りを支える民間のボランティアのこと。

 10代の頃、暴走族に入るなど荒れた青年時代を過ごし、保護司に支えられたという佐田は「大人になってから保護司の仕事がボランティアだと知って、改めて偉大さを感じた」と感慨深げだった。