三山ひろし 得意のけん玉で西野ジャパンにエール「やるからには頂点を!」

 3年連続で紅白に出場中の実力派演歌歌手・三山ひろし(37)が19日、東京・中央区の明治座でリサイタルを開き、故郷・高知の英雄である坂本龍馬を歌った新曲「いごっそ魂」などを熱唱した。

 キャリア10年の集大成。三山は「まだ名前が売れていないころは、キャンペーンで一日4〜5件、はしごして大変だった。一番思い出に残っているのは、憧れの紅白に初めて出場できた時のこと。とても感動した」と振り返った。

 続けて「デビューのころからのファンの方が、ずっとわが子のようにかわいがってくださるのがありがたい。これから20、30年と、一緒に歩んでいけるように、僕がしっかり頑張らないといけない。新曲を大ヒットさせ、年末のステージを目指す!」と気を引き締めた。

 さらにはサッカーW杯ロシア大会で、コロンビアとの初戦を19日に控える日本代表に、得意のけん玉でリフティングしながら「夢じゃ夢じゃと笑わば笑え! 自分の志を持っていれば夢はかなう。やるからには頂点を目指してもらいたい」とエールを送った。

 また「強い信念を持った本田圭佑選手(32)は格好いいし、頼りがいがある。いごっそ魂がある」と、このところ調子を落としている“ビッグマウス”をキーマンに指名した。いごっそならぬ、華麗な“ゴラッソ”を期待したい。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索