尾木ママ いじめは母親ケアも必要 仙台母娘心中は「母子共依存関係にとらわれてしまったのかも」

 教育評論家の尾木直樹氏(72)が22日、ブログを更新。昨年11月に仙台市内で、小学2年の長女(8)と母親(46)が学校でのいじめを苦に無理心中したとみられる事件に言及した。

 尾木ママは「何回も学校に話してるのに学校が対応してくれなかった」と学校側の不備に驚きを隠さず。

 母親の心中に至った感情の推移を「お母さん 娘の辛い死にたい気持ちに寄り添いながら いつの間にか共鳴箱のようにいじめの辛さ分かり過ぎ 母子共依存関係にとらわれてしまったのかもしれません!」と独特の視点で分析した。

 いじめが起きた場合の対応法としては、当事者のみならず、両親のケアも必要と主張。

「・お母さんがかっていじめの被害者であった場合、わが子がいじめを受けると、当時の辛く死にたかった感情が蘇りパニックに陥ってしまうのです!

・いじめの訴えがあれば、学校は、子どもと同時にお母さんのケアもする必要があるのです!

・お父さんのことも学校は受け留めて欲しいです!」と要点をつづった。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索