真矢ミキ「ビビット」MCで評価を上げた軽妙トーク術

真矢ミキ「ビビット」MCで評価を上げた軽妙トーク術

 不動産会社「プロパティエージェント」のイメージキャラクターに就任した女優・真矢ミキ(53)が9日、都内で行われた会見に出席した。

 真矢はTBS系朝の情報番組「ビビット」でMCを担当している。この日発売の「週刊文春」では、宮迫の不倫疑惑が報じられたばかり。真矢は夫の俳優・西島数博(45)との仲を聞かれると「どういう意味?」と鋭く切り返し、「不倫していない」と苦笑した。

 3日に更新した自身のブログで真矢は、高等学校卒業程度認定試験(旧大検)の受験を終えたことを報告し、話題になった。受験した理由の一つには「ビビット」でMCを務めていることもあるそうで「(番組で)いいかげんに発言できないと思った」と説明。合否結果は「9月以降」とし、「落ちたら落ちたでハッキリ言う」と断言した。

 2015年3月から「ビビット」のMCを務めているが、当初は真矢の起用に懐疑的な見方もあった。だが、最近はすっかり定着。

「真矢は時事問題などを日々勉強している。番組では自分の考え、主張を自分の言葉でしっかり言っている」(テレビ関係者)

 先月28日の放送で自民党・今井絵理子参院議員(33)の不倫疑惑を取り上げた際、「一線を越えた・越えない」論争について「小さいころにA(キス)はいいけど、B(バストタッチ)はダメよ、みたいな。懐かしのあのパターンを聞いたようだった」とイジって笑わせた。

「下ネタっぽいジョークを朝からこんな軽妙に飛ばせる女性MCは、なかなかいない」(同)

 同じく「ビビット」レギュラーのお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」中田敦彦(34)は不倫ネタを正面から斬ることで波紋を広げているが、真矢は軽妙に切り返す術を心得ているようだ。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索