雨上がり・宮迫 テレビ生放送で“不倫の真相”自ら「グレー」

雨上がり・宮迫 テレビ生放送で“不倫の真相”自ら「グレー」

 週刊文春に報じられた“不倫疑惑”の渦中にある「雨上がり決死隊」宮迫博之(47)が11日、フジテレビ「バイキング」に生出演し、疑惑をナマ釈明した。

 宮迫は11時55分の番組開始と同時にMCの坂上忍(50)、相方の蛍原徹(49)と並んで登場。番組レギュラーである宮迫の騒動について「申し訳ありませんでした!」と声を張った坂上とは対照的に、深く腰を曲げてお辞儀をしたまま10秒ほど動かず、頭を上げた後も言葉を発しなかった。

 坂上に「よく来たね」としゃべるように促されると「来たくはなかったですけれども、嫁にね、『お前、行って来い』と…」と、あごで指示されたことをジェスチャーで明かし“恐妻キャラ”でなんとか第一声に至った。

 番組はその後、今週の注目ニュースなどを紹介。そこで取り上げられた宮迫の不倫疑惑について、スタジオで出演者がトークを繰り広げた。

 7月に3回、女性とホテルで同宿したことを認めた宮迫は「泥酔して一人でホテルに泊まることはちょくちょくあり、一緒に飲んでいた仲間と部屋で飲み直しすることもある。それが今回は2人きりになってしまった」と釈明。しかし「酔って調子に乗って“できるかも”と思ったのは事実です」と下心があったことを認めた。

「寝てしまう前に頑張って…とは思ったんですけど、相手の方に『このご時世にダメでしょ』とたしなめられて、結果フテ寝。3回フラれてしまった形です」と語り、“行為”はなかったと強調。不倫について「オフホワイト」と答えたことには「他の番組で(以前に浮気の質問をされたときに)シロかクロかを問われて『オフホワイト』ですと答えた」ものを踏襲したと説明した。

 それでも今回は「向こうが断ってくれたから。OKだったら一線を越えていた。(行為を迫る)気持ちはあったから同罪なんですけど」と、自らの脇の甘さを反省した。

 その後、出演者にさんざんいじられた宮迫は、坂上から「あらためて、何色ですか? ご自身で」と聞かれると、表情をこわばらせ数秒の沈黙後に「…グレー!」と捨て鉢な目つきで言葉を振り絞った。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索