【日本ダービー枠順】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアは3枠6番 アタマ差2着のヴェロックスは7枠13番

【日本ダービー枠順】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアは3枠6番 アタマ差2着のヴェロックスは7枠13番

 2016年に生産されたサラブレッド7071頭(持ち込み馬、輸入された外国産馬を含む)の頂点を決める牡馬クラシック第2弾「第86回日本ダービー」(26日=日曜15時40分発走、東京芝2400メートル)の枠順が23日午後、以下のように決まった。

 デビュー以来4戦4勝で皐月賞を制し、史上24頭目の“春の2冠馬”とともに、05年ディープインパクト以来14年ぶり7頭目となる無敗での2冠達成を狙うサートゥルナーリア(レーン騎乗=栗東・角居厩舎)は3枠6番からスタートする。ちなみにルメールの騎乗停止で手綱を取るレーンが優勝すれば、1954年のゴールデンウエーブ以来65年ぶり4人目の“テン乗り”騎手優勝となる。

 16年に皐月賞2着馬マカヒキでダービーを制した川田を鞍上に、皐月賞アタマ差2着からの逆転を狙うヴェロックス(栗東・中内田厩舎)は7枠13番、3戦3勝で臨んだ皐月賞で3着に敗れたダノンキングリー(戸崎圭騎乗=美浦・萩原厩舎)は4枠7番に入った。

 なお、このレースは24日(金曜)から前売りが開始される。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索