バルサ安部 親善試合で初ゴール!

 今季J1鹿島からスペインの名門バルセロナに移籍した日本代表FW安部裕葵(20)が18日(日本時間19日)、バルセロナB(3部)の一員として出場したリャゴステラとの親善試合で初ゴールを決めた。

 2トップの一角で先発し、いきなり見せ場をつくった。前半2分、相手2人に囲まれながらも強引な突破から右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。チームはその後追いつかれて1―1で引き分けたが、高い技術で存在感を示した。

 レアル・マドリードのBチーム、カスティージャのFW久保建英も同日、ブルゴスとの練習試合にフル出場。4―4―3システムの右ウイングで躍動し、0―1で迎えた前半終了間際に自身のダイレクトパスが起点となって同点に追いついた。後半は17分までに両チーム1点ずつ取り合い、終了間際にカスティージャがPKを献上して2―3で敗れた。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索