ヒロ斉藤 デビュー40周年記念試合で「nWoジャパン」再結成

ヒロ斉藤 デビュー40周年記念試合で「nWoジャパン」再結成

 ドラディションの藤波辰爾(65)が19日、都内で会見を行い、10月シリーズでヒロ斉藤(58)のデビュー40周年記念試合を行うことを発表した。

 斉藤の記念試合は25日の東京・後楽園ホール大会、27日の大阪南港ATCホール大会の2大会で行われる。後楽園大会では斉藤が武藤敬司、天山広吉とnWoジャパンを再結成し、藤波、獣神サンダー・ライガー、越中詩郎の「ドラゴンボンバーズ」と対戦。セコンドとして蝶野正洋が来場することも決定した。大阪大会は対戦相手は同じだが、藤原喜明、船木誠勝とトリオを結成する。

 斉藤のデビューは1978年の8月で、大会開催時にはすでに40周年を過ぎているが、藤波の提案によって記念試合の開催が実現。藤波は「彼にまつわる選手を呼ぶ形でお祝いになるような大会をやろうと。僕は反対側に回って、40周年をしばいてやろうかなと思いまして」と経緯を説明した。

 斉藤も「40年って長いようで、あっという間な感じがします。蝶野、天山と組んでいるときが一番の思い出ですかね。自分が藤波さんに蝶野、天山を呼んでほしいとお願いしました」とnWоジャパン再結成へ目を輝かせた。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索