リトルリーグ世界一まで調布リトル「あと2勝」オマリー氏とランチ

リトルリーグ世界一まで調布リトル「あと2勝」オマリー氏とランチ

【米国ペンシルベニア州ウィリアムズポート23日(日本時間24日)発】リトルリーグ・ワールドシリーズに出場し、世界一まで「あと2勝」としている日本代表・調布リトルリーグは、試合のなかったこの日、午前中にフリー打撃や守備練習を行ったあと、阪神などで活躍した現地在住のトーマス・オマリー氏に招待され、市内唯一の和食レストランでステーキなどのランチをごちそうになった。

 同シリーズは全試合がテレビ中継されており、全米での認知度は日本の高校野球並み。大リーガーたちもこの時期は試合前のクラブハウスなどで観戦することが多く、とりわけ「好きな野球選手は○○です」というリトル選手たちの自己紹介へ関心を寄せている。

 2000年代以降、日本の選手たちに人気があったのはイチロー、松井秀喜、松坂大輔だが、今年はやはりエンゼルス・大谷翔平投手(25)が1番人気。調布リトルの14選手のうち、大谷は6人で、カブスのダルビッシュが2人、オリックスの吉田正尚、DeNAの筒香嘉智、イチロー、松井秀喜、ヤンキースの田中将大、アストロズのアルチューベがそれぞれ1人だった。

 翌24日(同25日)は、国際ブロック決勝カリビアン代表キュラソー戦に臨む。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索