履正社が甲子園初制覇で喜びの凱旋も新チームの悩み

履正社が甲子園初制覇で喜びの凱旋も新チームの悩み

 第101回全国高校野球選手権大会で初の全国制覇を成し遂げた履正社(大阪)が、歓喜の胴上げから一夜明けた23日、大阪・豊中の同校に凱旋し、多くの生徒や関係者に出迎えられた。

 岡田監督は「(就任して)33年間かかった思いがこみ上げてくる。その年々の卒業生の顔が思い浮かぶ。夢のような時間になって昨日は喜べるだけ喜んだ」と感慨深げに話した。昨夜は教え子のヤクルト・山田哲、ロッテ・安田から電話で祝福されたという。

 そんな指揮官だが、新チームのこととなると表情が曇りがちに…。小深田、池田、岩崎ら甲子園を経験した2年生が中心となることに「2年生は全体的にリーダーシップを発揮できる子がいない。キャプテンをどうしようかと思案している。まだまだ人間的にできてない子が多い。マナー、モラル、基本的なところから指導していかないといけない。去年は野口(3年)で苦労しなかったけど…。全然決まっていないので当分は当番制にしようかとか…」と頭を悩ませている。

 また、近年の「大阪桐蔭時代」から「履正社時代」の構築についても「桐蔭さんは毎年いい選手がいるし、どこまで太刀打ちできるか。範囲の狭い中(関西出身者)でやっているし、どこまでその子たちを伸ばせるか。なかなか太刀打ちできないだろうとは思う。一年一年が勝負」。学校関係者にあいさつを終えるとすぐに練習をスタートさせた。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索