【柔道世界選手権】渡名喜風南 ビロディド追い詰めるも一歩及ばず

【柔道世界選手権】渡名喜風南 ビロディド追い詰めるも一歩及ばず

 柔道の世界選手権は25日、東京・日本武道館で開幕し、女子48キロ級で渡名喜風南(24=パーク24)が全試合一本勝ちで決勝まで進出したが、「美しすぎる柔道家」として話題のダリア・ビロディド(18=ウクライナ)に2年連続で敗れ、準優勝に終わった。

 完敗だった昨年の決勝以来の対戦。今までとは違って、ビロディドを指導2でギリギリまで追い詰めたが、最後は優勢負けを喫した。渡名喜は「負けてしまったのは自分の責任。昨年よりはいい内容だったが、投げられたのは自分のミス」と反省する一方で「来年は絶対に勝ちたい」と、東京五輪でのリベンジを誓った。増地克之監督(48)も「来年が非常に楽しみになった」と五輪王者へ向け、渡名喜の成長に手応えを感じた様子だった。

 男子60キロ級は高藤直寿(26=パーク24)、永山竜樹(23=了徳寺大職)の世界の2強が外国人選手に敗れ、3位決定戦という思わぬ形で激突。永山が高藤を残り1秒で逆転し、3位に滑り込んだ。

 永山は終了間際での逆転勝利に「逆転は無理だと思ったが、どうせなら気合でいこうと思った」とライバル相手に意地を見せた。現在、2人は東京五輪の出場枠を争っている。高藤は「残り5秒で油断をしてしまった」と悔しさをにじませたが、永山が準決勝で散ったことにも触れ「永山が金メダルを取らなくてよかった」と本音を漏らした。この日の結果で、代表争いの激しさが増したことは間違いないだけに、今後の2人の戦いぶりから目が離せなくなりそうだ。

 2日目は史上初の“きょうだいV2”がかかる男子66キロ級の兄・阿部一二三(22=日体大)と女子52キロ級の妹・阿部詩(19=日体大)が出場する。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索