西武・後藤オーナー「辻監督の手腕は大したもの」と指揮官称賛

西武・後藤オーナー「辻監督の手腕は大したもの」と指揮官称賛

 西武・後藤高志オーナー(70)が19日の日本ハム戦(メットライフ)を観戦し試合後、優勝マジック5となった辻発彦監督(60)を激励した。

 今季77勝目となった2―0の勝利を見守った後藤オーナーは「マジックは意識しないで、まずは一戦一戦ですよね。今季はピッチャーが1人抜け、打者が2人、主力が3人抜けて厳しいスタートだった。一時はソフトバンクと8・5ゲーム差をつけられた中で着実に先を見据えてやってきたと思う。辻監督の手腕ということ」とリーグ連覇目前の指揮官の采配に言及。その上で「人事の話はシーズンが終わってから」と既定路線となっている来季続投に関しての明言は避けた。

 しかし、「僕は辻監督の手腕というのは大したものだと思う。開幕の時は主力3人が抜けたからいろんな方が非常に厳しい話をしていた。ただ僕はライオンズはそんなヤワなチームじゃないと思っていた。辻監督の采配もそうだし、選手諸君の頑張りもそうだし、若手の成長もそうだし、ここまでいい形できているのであとは一試合一試合しっかり戦っていってほしい」とハッキリと見えてきた連覇にエールを送った。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索