西武・森 満塁男ぶり発揮の2点適時打

西武・森 満塁男ぶり発揮の2点適時打

 西武・森友哉捕手(24)が20日の楽天戦(メットライフ)で満塁男ぶりを発揮した。

 優勝マジック5で迎えたこの試合、0―0の6回に均衡が破れた。一死満塁の好機で森は相手先発・塩見の外角フォークを右前に運び2点タイムリー。今季の通算打点を104とした。

 これで森の満塁機での成績は打率5割7分1厘(14打数8安打)、30打点となり同僚の「満塁神」中村の打率5割3分1厘(32打数17安打)、49打点を率で引き離した。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索