サヨナラ負けの楽天・平石監督「球種が分かっているような見逃し方…対策しないと」

サヨナラ負けの楽天・平石監督「球種が分かっているような見逃し方…対策しないと」

 楽天は20日の西武戦(メットライフ)で同点の9回に守護神・松井裕(23)が代打・メヒアに2ランを浴びサヨナラ負け。西武との4連戦最初のカードを落とした。

 平石監督はサヨナラの場面について「球種が分かっているような見逃し方をされた。ちょっと対策しないと」と話した。松井は「打たれたのは完全なボール球ですから。対策? それはもちろんありますよ。1点を取られたら終わりの場面で、自分の持っている球のなかで優先順位の高いものを使っている。いつも投げていないボールを投げるより納得して選択したボールなので仕方ない。(球種がバレていたのは)多分ないですけど、ここで話すことではないので」と淡々と振り返った。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索