西武M4 鉄腕・平井「勝つためなら無限に何連投でも!!」

西武M4 鉄腕・平井「勝つためなら無限に何連投でも!!」

 西武は20日の楽天戦(メットライフ)に代打・メヒアの6号サヨナラ2ランで5―3の劇的勝利。優勝マジックを自力で4とした。

 本拠地最終戦を白星で飾った辻監督は「もうとっておきだよ!」と松井に対し打率5割5分6厘、3本塁打のキラー・メヒアの仕事ぶりを大絶賛。試合後の本拠地最終戦セレモニーではファンに向けて「(優勝が)そこまで来ています。明日からこの球場を離れますが、その中で必ず2連覇を達成したいと思います」と仙台、千葉でのV2胴上げを力強く宣言し、満場の大声援を受けた。

 残り5試合はすべて敵地(仙台4試合、千葉1試合)。仮にこの試合を落としていれば、ソフトバンクに1ゲーム差と迫られ「M4」からゴール前でまくられた2010年の悪夢が頭をよぎるところだった。

 しかし、ベンチが試合展開を冷静に読み、とっておきのジョーカーを最高の場面で切り、選手が応える。1998年以来のリーグ連覇に突進する今の西武に死角は見当たらない。
 サヨナラのお膳立てを整えたのは3―3の同点に追いつかれた7回二死一、三塁のピンチをしのいだ3番手・小川であり、8回の上位打線を三者凡退で退けた今季78試合目登板の「鉄腕」平井だった。

 平井は球団の前身・西鉄の大エースだった故・稲尾和久氏のパ・リーグシーズン最多登板記録に並んだことに「まだ(シーズンが)終わっていないので何ともいえない。チームが勝つことが大前提。時間もないので終わってどう思うかですね。でも稲尾さんは400何イニング(404回)投げてるし、全然超えたとも思っていない」と謙虚に答えながらも「チームが勝てるのであれば無限に何連投でも投げます」。

 西武特急は終点へ、一直線だ。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索