【レスリング】世界選手権 男子グレコ63キロ級V太田「可能性」に執念

【レスリング】世界選手権 男子グレコ63キロ級V太田「可能性」に執念

 レスリング世界選手権で、非五輪階級の男子グレコ63キロ級で優勝した太田忍(25=ALSOK)が20日、羽田空港着の航空機でカザフスタンから帰国。主戦場の60キロ級は文田健一郎(23=ミキハウス)が五輪出場を決めたため、今後は今大会で出場枠が獲得できなかった1つ上の67キロ級で五輪を目指す。「僕にしかできないこと。筋力、レスリングスタイルも変えていかないと。骨格、身長は変わらないのでその中でどう戦うか。出場する力はあると思うが金メダルにはまだまだ。断トツの力がないと」と気合を入れた。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索