【国内女子ツアー】渋野が大逆転V 次の目標は「賞金女王」

【国内女子ツアー】渋野が大逆転V 次の目標は「賞金女王」

 国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」最終日(22日、新南愛知CC美浜C=パー72)、8打差の20位から出た渋野日向子(20=RSK山陽放送)が8バーディー、ノーボギーの64をマーク、13アンダーにスコアを伸ばし、大逆転で今季国内ツアー3勝目をマーク。今季の獲得賞金を約1億600万円とし、目標の1億円突破を果たした。

 8打差をひっくり返すツアー史上2番目の逆転劇に「自分でも驚き。こんなに伸ばせるとも、ノーボギーとも思っていませんでした」。最大の見せ場は16番パー3。グリーン左のラフから15ヤードのアプローチを放り込み、チップインバーディー。「このところ、アプローチがダメで、それが入ったので、うれしくてガッツポーズしちゃいました」。この日8つ目のバーディーで単独首位に立つと、1打リードのままホールアウトした。

 最終組はまだ7ホールを残しており「プレーオフか、逆転されると思っていました」。プレーオフに備えて練習グリーンにいる間に、1打差から2打差、再び1打差と状況は変化したが「キャディーさんはあえて言わなかったと言っていたし、私も知る必要はないと思ったので、聞きませんでした」。今回が初タッグの藤野圭祐キャディー(46)が状況を告げたのは、優勝が決まってからだった。

 予報では悪天候の最終日となるはずが「雨は降らないし、まさか朝は風がないとか、幸運だったと思います」。雨が降り始めたころには渋野は最終ホール。天候も味方に“持ってる”ところも存分に見せつけた。

 賞金ランク2位の渋野とトップの申ジエ(31=韓国)の差は約1000万円。次の目標として「賞金女王」を掲げ「残り10試合、ほぼ全部で上位争いをしないと届かないと思っています」。歴代最年少の賞金女王へ、ここからさらに加速する。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索