柔道の永瀬貴規 五輪意識しつつ「目の前の大会を確実に」

柔道の永瀬貴規 五輪意識しつつ「目の前の大会を確実に」

 柔道のグランドスラム(GS)ブラジリア(ブラジル)大会で優勝した、リオ五輪男子81キロ級銅メダリストの永瀬貴規(26=旭化成)が15日、羽田空港に帰国した。

 永瀬は「優勝できたのはよかったが、リードした場面で最後下がってしまって、消極的な場面になった試合があったので、まだ課題が残る大会だった」と反省交じりに語った。

 2017年10月の右ヒザ手術後、苦労した時期もあったが「試合を重ねるごとに、冷静に状況を把握しながら試合を運べている」と7月から国際大会3連勝の要因を分析した。

 再び世界を狙える位置に戻ってきた実感があるといい「ここから厳しい戦いが続く。相手からも研究されて、自分の柔道をさせてもらえない状況っていうのは必ず出てくる」と気を引き締める。

 昨年の世界選手権銀メダリストの藤原崇太郎(21=日体大)との五輪代表争いは激しさを増すが「五輪を意識しつつ、まずは目の前の大会一つひとつを確実にものにしたい」と先を見据えた。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る